珍し〜く、お出かけして来ました。2013 日本ホビーショー

ゴールデンウィークですね〜。良いお天気続きで皆さまお出かけになったかと思いますが、私はいつも大掃除に当てているんですよね。でも、今年は指を怪我してしまい痛くて雑巾も絞れないので、私も珍しく遊びに行って参りました。

a0095010_16455846.jpg『第37回 2013 日本ホビーショー(第6回ホビークッキングフェア2013同時開催)』です。ホビーショーと言うと、模型やフィギュアの方を想像しますけど、こちらは手芸などの手作りするためのあらゆる素材を展示・販売しているのですね。
NHKの『おしゃれ工房』でやっているような作品が、これを使うと作れるよ〜という完成品の展示と素材の販売、そして体験教室があっちこっちで開かれています。
どんなのがあるかと言うと、例えば上の写真はタミヤの《スイーツデコレーション》の展示。食品サンプルかと勘違いしそうですね。こんなのが作れちゃう。他にも、ビーズとかリボンとかレースとか…手芸って奥が深いねぇと感心しました。


a0095010_172363.jpgで、趣味を極めるとこんなすごいのが出来ちゃうよ〜という見本がこちら。
第23回のホビー大賞作品です。すいません、タイトルは見て来ませんでしたが、和紙で歌舞伎小屋を再現しているんですよ。凄かったですよ。お人形は12cmくらいでしょうかね。町のにぎわいや演目の鳴り物の音さえ聞こえてきそうなほどです。他にも受賞作品がありましたが、どれも凝っていて見ていて楽しかったです。
ホビーの世界は侮れないわ…。
そうそう、全然ホビーと関係ありませんが、個人的に萌えたのが、若くて奇麗系のバイヤーの男性が海外の刺繍糸の展示ブースで、古いレース編みのデザインを熱心に見てた事。1900年代当時の貴重なもので素晴らしかったんですが、オバさんの中に混じってじっくり見てましたね。リーマン系のお話に使えそう…と、しっかり脳裏に焼き付けました(笑)


a0095010_1734018.jpgそして、こちらはザクとうふ。
なんでホビーショーに?と思われますが、ホビークッキングフェアと同時開催なので、お醤油屋さんですとか、お寿司屋さんですとか、アイスクリーム屋さんなどなど、こちらもあらゆる食品会社さんが出店してまして、もちろん販売もしてますので、お食事エリアでその場で食べられます。私のように胃腸が貧弱でない方々がぱくぱく召し上がってましたね。
私は夕食用にこちらのザクとうふ(枝豆)と、若狭の焼き鯖寿司を買って帰りました。
来年の開催は4月24〜26日の3日間です。体験教室はすぐ定員一杯になってしまうので、早めに行かれた方が良いですよ。私のように体力に自信のない方は、3日間共通券を購入された方がお得だと思います。
[PR]
by apodeco | 2013-04-30 22:51 | ご紹介 | Comments(0)