伝説の人 ニジンスキー〈 その1 〉 私的ニジンスキー

a0095010_20421211.jpg


夏が終わりましたね…。冬と違って夏が終わる時は何だが寂しい気分になります。
しかーし、アンニュイな気分に浸ってうかうかしてると今年が終わってしまいそうなので、この秋からまたいろいろ頑張りたいと思っています。
ちなみに、前回でも触れましたが絵楽塾は修了し、塾生作品展(8月22日〜26日)も無事終了しました。見て来てくださった皆さま、どうもありがとうございました。
まだ作品を受け取りに行っていないので、作品が戻り次第撮影して塾生作品展の模様と、三期の授業について書きたいと思いまーす。

さて、今回は久し振りの肖像シリーズです。
デッサン教室が終わるまで “ 漫画絵は描かない ” と決めていたので、イラストを描くのはなんと7年振りになります。自分でもビックリ!
肖像シリーズとは現存の肖像写真を元にちょっと私のイメージを加えて、近代の(広い意味で)芸術家の絵を描くというもので、全部で10人の芸術家を描こうと決めています。
ビアズリーから始まり5人目になる今回の人物は、伝説のダンサー、ヴァーツラフ・フォミッチ・ニジンスキー(Vaslav Fomich Nijinsky,1889-1950)です。

ニジンスキーは20世紀バレエの先駆けとなったロシアの伝説的バレエダンサーであり、振り付け師です。大変興味深い方なので〈 その2 〉で彼の人生に触れたいと思います。
イラストの元にした写真の撮影者など、詳しい来歴は分からないのですが、おそらくディアギレフ(ロシアの芸術プロデューサー)のバレエ団『バレエ・リュス』で踊っていた1909年頃 (ニジンスキーが一番輝いていた頃)のものらしく、なるほど自信に満ちた表情で生気にあふれています。
ディアギレフだったか、ご本人が嫌いだったとかで残念ながら映像が残っていないため、僅かな写真でしか見る事が出来ませんが、こうした素のニジンスキーよりも、踊りの役に扮して撮影されたものの方が表情も豊かで、何とも言えず幸せそうな、それはそれは美しい表情を浮かべています。踊っている時が、一番幸せだったのでしょうね。
その中で、普段のニジンスキーでありながら豊かな表情をしたこの写真が気に入ってイラストにしたのですが…私のイメージ(好み)で描いていますので、他のイラスト同様似てません…トホホ。

Gペンと丸ペンで、ぐりぐり描いてみました。
これから漫画を描こうと思うなら、ペンタブで描いた方が良いのですが、今の仕事になって漫画の生原稿を見る機会が多く、プロの先生方の美しい手描き原稿への憧れと、やっぱり手で描くのが好きなので頑張りました。
余談ですが、バックの模様は大好きなビアズリーの絵を参考にしております。山本タカトさんの絵などに見られる、あの禍々しい感じの模様を生み出す感覚が皆無なので、真似っ子して勉強させて頂いております。
しかーし、7年経っても絵のタッチは変わらない(古臭い)し、せっかくデッサンを習っているのにあまり成果が見られなくて(特に髪の毛が “ 束で描く ” 教えが活かせなかった…)、自分でもガッカリな結果に。
見てるだけでも勉強にはなりますが、見るのとやるのは大違い…というか、やっぱり描かなきゃ上手くなりませんわね。でも、ペンの使い方はずっと良くなっていると思います。だいぶ慣れて来た感じです。
ただね、トーン貼りがね、難しい〜。大失敗です。全然立体感がない。貼らない方が良かったかな。
それでも、やらなきゃいつまで経っても出来ないままなので、これはこれで良しとします。

今後の目標は、もう少し今どきの絵が描きたい! それと、ペンを自在に操って強弱の効いた柔らかい生きた線が描きたいです。
漫画を描くには、まだまだ先が長いなぁ〜って感じですが、地道に次のイラストを頑張りたいと思います。
[PR]
by apodeco | 2015-09-02 00:08 | 肖像 | Comments(0)