雪見酒 —温泉宿にて—

a0095010_2142162.jpg

※画像をクリックして見てください。大きくなります。

 着物姿絵、第二弾です。『社員旅行の温泉宿で同僚が露天風呂に行っている間、ひとりで雪見酒を楽しむ』の図。火鉢で熱燗中の徳利が温めすぎてあっちっち、と思わず耳たぶを押さえたところへ同僚が戻ってきて…。

男 :「あっちーっっ。おお、お帰り〜」
同僚:「お前、何してんの?」
男 :「熱燗で指、火傷した。お前も飲む?」
同僚:「ああ・・・ってか、お前の格好、すごいんですけど」
男 :「え〜? あら。いや〜、サービス、サービス。
    ちょっとだけよ〜、なんてな(←古すぎ〜)」
同僚:「・・・阿呆か(この酔っぱらい野郎〜、襲うぞ!)」


 頭、沸いちゃってます。いや〜、私も自分で描いていて、ここまではだけちゃうとは思ってませんでした(笑)。
 熱燗が—、という図にしようと思って描き始めたはいいのですが、見本があるわけじゃなし、こうかな〜と想像しながら描いていたらこんな姿に…(ギリギリだ〜)。多分に不自然な格好ですが、お目こぼしくださいませ。
 ちょっと古臭い感じにしてみました。昭和のころの温泉宿のつもり。今どき火傷の指を耳たぶで冷やす人がいるか疑問ですが、私的には“色っぽい仕草”ベスト10に入ると思っています(笑)。
 昔、火鉢で暖を取っていたころは、部屋の中でも外気に曝された耳とか指先はとても冷たくなってしまうので、よくこんな姿を見たものですが、今や死仕草(?)でしょうね。それでいうと、まともな暖房のない部屋でこんな格好をしていたら凍死しますよ。
 本当なら加藤茶の「アンタも好きね〜」の禿茶瓶オジサンみたいに、らくだのシャツと股引と黒ベロアの足袋を履いて、丹前にすっぽり包まっていないと凍えます。
 でも、色っぽくないので生足よ〜。機会があれば、そんな日常の着物姿も描きたいですねぇ。
 雪見窓のある障子が描きたかったのですが、資料がなくて断念。なので、雪見酒と洒落込もうと、障子を開けて曇った硝子を手で拭うために立ち上がったから裾がわれた…ってことにしてください。

 せっかく横向きの絵なので壁紙にしてあります。サイズは1024×768pixelです。
 自分のパソに入れてみましたが、色が薄くて向いてないかも。それに、やっぱりこの格好はヤバイ気がします。勇気のある方はどうぞご自由にお持ち帰りください。

 さて、次回は14日ごろ、バレンタインにちなんだ絵でも描こうかと思います。
 ——が。遅くなったらごめんなさい。年なもので、目がシバシバして辛いのです。ちょっとパソコンお絵描きは控えたいです。手描きはもっと時間かかりますしね…。
[PR]
by apodeco | 2008-02-02 22:43 | 着物姿絵 | Comments(0)