カテゴリ:ご紹介( 26 )

2015年も、もう半分まで来てしまいました。本当に時間が経つのが早いこと…。
前回ご紹介した【絵楽塾】デッサン教室は5月で無事終了しまして、ただ今塾生作品展へ出品するため、シコシコ作品を描いておりますけれども遅々として進まず…。
忙しさにかまけて、ついつい「作品展8月だし〜、まだ時間あるし〜」と思ってしまう自分に発破をかけるべく、甲先生の画業15年の奇跡を辿る作品展、『Art & Doll展』〜プレミアム・コレクション〜へ行って参りました。

a0095010_23112151.jpg

こちらが個展の案内ハガキ

前回見逃した山崎俊夫作、田村蓮演出の朗読劇『蛇屋横町』が再演されるとの事なので、とっても楽しみにしておりました。
場所は、六本木にある【六本木ストライプスペース】で、6月23日(火)〜7月1日(水)/12:00〜19:00(最終日は18:00)まで開催。
アマンドを目印に芋洗い坂をトコトコ下りまして、ちょうど六本木中学校の前、道路を隔てた向かいにあります。ストライプというだけに、壁がベージュと白のストライプで、方向音痴の私でも迷わずに着けました。

絵画とお人形、合わせて70点以上という個展としては異例の作品数だと思います。甲先生のデビュー当時からの作品を一度に見られる貴重な機会ですので、じっくり見させて頂きました〜。
半地下のスペースで絵画が、その下の階でお人形が展示されております。
※画像は全てブログ掲載のため許可を頂いて撮影しました。

a0095010_2382163.jpg

鉛筆画とパステルで描かれたもの



a0095010_2382116.jpg

こちらは油絵やアクリルで、神話や物語の世界を題材とした作品


私は鉛筆デッサンを教えて頂いていたので、甲先生の作品で真っ先に浮かぶのは、やはり鉛筆か色鉛筆の作品なんですが、油絵やアクリルの作品もすごく素敵です。
透き通るような肌の感じはお人形に通じる点かと思われますが、油絵だと更に輝いて神秘的に見えましたし、アクリルの絵などは逆に仄暗い感じですが、もっと生々しい耽美な世界が広がって見えました。

a0095010_22582289.jpg

薔薇族の表紙になった作品


甲先生と言えば、やはり薔薇族の表紙絵は外せない作品だと思われます。私の趣味でこちらの作品をあげさせて頂きましたが、他にも数点ございました。きっとファンの方それぞに、これぞという表紙絵があることでしょう。カラー絵と一緒に下絵が展示されているので、見比べるのも勉強になりました。

見比べる展示はお人形の作品にもありましたよ。

a0095010_2374547.jpg

お人形のスペース。もっともっと、いーっぱいありましたのよ!



a0095010_1551712.jpg

絵がみごとに立体に! 他にもう一点見られます


テーマもいろいろあって、それぞれため息が出るような細かさと物語をもっています。こちらも私の趣味で掲げさせて頂きますと…

a0095010_22582073.jpg

背中の彫り物の意匠がすごいんですよ。それに、このあだっぽい目つきといったら! 雰囲気ありますよね。まだ少年っぽさが残る顔立ちなので、ちょっと危ういんですけど、何か「粋だね…」としか言いようがない。

a0095010_22582141.jpg

こちらは『旅立ち』という作品なのですが、小さなトランク一つで旅立つ少年は少し不安げに見えますけど、顔を上げて前を見つめる姿は、未来への強い意志を感じます。

他にも、『背徳遊戯』という作品は、オートマタ人形オルゴール付で、この日は実際に動かして頂けたのですが、動きがすごく柔らかくて息づいている感じがよく出てました。
(興味のある方は勇気を出して先生か事務局の方にお願いすれば動かして頂けるかも…)

本当に、とっても見応えがあります!
もっともっとお耽美な作品が沢山あって、すごいんですけど、載せたいんですけど、それはやはり、実物をご覧になって頂かないとね!
7月1日までですので、お見逃しなきよう!
[PR]
by apodeco | 2015-06-28 05:51 | ご紹介 | Comments(0)

お久しぶりでございます。前回の更新からすっかり年が改まってしまいましたね(汗)。
さて、9ヶ月ものあいだ何をしていたかというと、昨年の6月から『ヌードクロッキー会&ワークショップに参加してきました。』の回でご紹介した、甲秀樹先生のデッサン教室で絵の勉強をしたり、並行して人形作家の清水真理先生の人形教室~アトリエ果樹園~で球体関節人形を作ったりしていました。
どちらもまだお勉強の途中で見せられる作品もなかった上、リア充しすぎて書く時間がとれない(&体力なくていっぱいいっぱい)状態でしたが、これではイカーンと気持ちを改めまして、今回は甲先生のお人形展のレポートを致します。

まず、甲秀樹先生のプロフィールをご紹介します。
甲 秀樹(kou hideki) 画家・人形作家。
1998年より少年や青年を中心に描く絵画活動を始める。
雑誌「薔薇族」の表紙絵を約3年担当。(当時の表紙アートディレクションは宇野亜喜良)
2000年に初個展開催。以後、個展・グループ展多数。
2004年より人形作家としても活躍。
ポスターハリスギャラリーさんのHPより引用させて頂きました。(ちなみにデッサン教室はポスターハリスギャラリーさんで行われております。ショップでは寺山修司さん関連の商品や、宇野亜喜良さんのグッズなど購入できますよ)
※ご注意:デッサン教室に関するお問い合わせは絵楽塾事務局へお願いします。ギャラリーさんではお答えできません。

毎年この時期は人形展を開いておられまして、今回の個展は『REAL ーリアルー 甲秀樹 人形展』と題して1月16日(金)〜24日(土)まで開催しております。
(時間/11:00〜19:00 ※最終日は17:00まで)

a0095010_21255549.jpg

こちらが案内はがき。
場所は銀座一丁目にあります画廊スパンアートギャラリー。有楽町線『銀座一丁目駅』4番出口を出てすぐ目の前です。水色に白いSAgalleryのロゴが目印。
画廊って、慣れないと入るのに勇気がいりますよね〜。何故かドキドキします…私だけかしら?
でも、臆せず扉を開けましょう。開けば素敵な少年たち(だけじゃないけど)と出会えます。どんな少年たちが待っているかというと…

a0095010_2294139.jpg

麗しいですね〜。特に肌が美しいと思いませんか?
この透明な肌の質感が、甲先生のお人形の特徴だと思います。スマホのカメラでは捉え切れませんでしたが、青い毛細血管が皮膚の下に透けて見えるように描かれているんですよ!
もうね、本当にリアルで、触れたら暖かくて柔らかいのじゃないかと思ってしまいます。
そして、人形だけじゃなくエロスの羽はもちろんの事、頭の飾りや矢羽根、獅子頭や箱も全て手作りだそうです! 

a0095010_2241839.jpg

獅子頭、見事です〜、工芸品みたい。足の筋肉のつき方とかすごいでしょう? 立体ですから当たり前ですが、角度を変えると顔つきも雰囲気も違って見えますね。


a0095010_2138816.jpg

ギャラリー内部の様子。
絵画作品もございます。私の好きな『早春譜』という作品も!
この奥の方へ進むと、美しいだけじゃない、色んな意味でまさにリアルな、想像を掻き立ててくれる(いつまでもしげしげと眺めちゃうような)作品があって…。
是非ぜひ、実物を間近でご覧になって、REALを実感してくださいませ。
※画像は全てブログ掲載のため許可を頂いて撮影しました。

次回は甲先生のデッサン教室についてレポート致しますねー(拙いデッサンを晒すのは勇気がいりますが…)。

【告知に一役!】
デッサン教室【絵楽塾】では、
1/24、2/14、2/28、3/14、いずれも(土)の4回、粘土授業の参加者(18歳以上の方に限ります)募集中です。5名程(先着)だそうですので、「これは!」と思われた方はお早目に絵楽塾HPからお申し込みください。
[PR]
by apodeco | 2015-01-18 23:47 | ご紹介 | Comments(0)

ご無沙汰しておりましたー。
前回の更新が10月で、こちらでは新年のご挨拶もしていなかったのに、2014年も既に2月でございます。インフルエンザが流行していたり、関東ではうん十年ぶりという大雪に見舞われたりしておりますが、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか?
近況報告しますと…
秋口から新しい仕事に就きまして、慣れるまで更新が間遠になっていたのもありますが、なんと、12月21日に腸閉塞で緊急手術を受け、1ヶ月ほど療養生活を送っておりました。
10月になった腹痛はストレスとかじゃなくて、原因のはっきりした腸閉塞だったのに、小康状態になったからと放置していたので、すっかり悪くなってしまったみたいです。
おへその3cm上から下に向かって15cm切開し、癒着して壊死しはじめていた小腸を10cm切り取るという手術を受け、痛いは苦しいはで大変だったのですが順調に回復し、1月27日から仕事にも出ております。
めったにない体験をしましたので(萠は全くないですが)包み隠さず書かなきゃ〜と思っています。
でもその前に、今回は友人が参加している『ねこの雑貨にゃ』展に行って来ましたので、こちらをご紹介をしたいと思います。

『ねこの雑貨にゃ』
アジアン雑貨 Oriental Heart(オリエンタルハート)ミニギャラリーにて
2月7日〜19日まで。
営業時間(平日・土日祝日とも) 11:00〜18:00
木曜休み。
場所は、腐女子のメッカ・乙女ロードのある池袋より、西武池袋線『石神井公園』駅下車、南口より徒歩3分です。石神井公園へ向かう大きな通り沿いにあります。目印は『ほかり食堂』(お隣です。看板出てますでしょ)

a0095010_22071533.jpg

ちょうど近所に用事があったので、大雪の日に行きました。寒かったけど、新雪の道を歩くのは楽しかったです。
昨年も同じ時期に開催されていて、こちらでご紹介していますが、今年もぬいぐるみ・羊毛フェルト・陶器・写真・キルト・あみもの他、バラエティに富んだ素敵な『ねこの雑貨』がいっぱいでした。

a0095010_22074016.jpg
左の写真2点は友人の作品

a0095010_22074608.jpg
3Dアートや、
切り絵とかもありました

a0095010_22075465.jpg
ポストカードとフェルトのかご入り子猫

今回はこちらの2点を購入しました。
ちょうど片手に載るくらいの、かわいい盛りの子猫の大きさです。足の肉球がピンクでキュートだし、胸のところはぽわぽわ柔らかいし、とても気に入ってます。
ポストカードの猫さんは、ロシアンブルーのジュリアちゃん、♀。美猫でしょ〜。ポストカードのほかにノート(メモ帳かな?)もありますよ。

また、こちらのギャラリーのある商店街では、展示会と同じ期間中『ねこフェス』が開催されております。
ねこをテーマにした「アート・マーケット&作品展」というもので、石神井近郊在住のアーティストによる『ねこ』の作品が、いろいろなお店に展示されています。
スタンプラリーも実施されていますよ。無理にお店で商品を買わなくてもOKです。「作品見に来ましたー」と言って、台紙にスタンプを押してもらいましょう。10個揃えると先着200名様に記念品がもらえるそうです。

まだまだ寒い日が続きますが、石神井公園の駅舎が新しくなって周辺は食べる所も充実してますし、石神井公園ではボートに乗れるので(寒いけど!)、是非是非お出かけくださいませ。


[PR]
by apodeco | 2014-02-11 00:48 | ご紹介 | Comments(2)

ゴールデンウィークですね〜。良いお天気続きで皆さまお出かけになったかと思いますが、私はいつも大掃除に当てているんですよね。でも、今年は指を怪我してしまい痛くて雑巾も絞れないので、私も珍しく遊びに行って参りました。

a0095010_16455846.jpg『第37回 2013 日本ホビーショー(第6回ホビークッキングフェア2013同時開催)』です。ホビーショーと言うと、模型やフィギュアの方を想像しますけど、こちらは手芸などの手作りするためのあらゆる素材を展示・販売しているのですね。
NHKの『おしゃれ工房』でやっているような作品が、これを使うと作れるよ〜という完成品の展示と素材の販売、そして体験教室があっちこっちで開かれています。
どんなのがあるかと言うと、例えば上の写真はタミヤの《スイーツデコレーション》の展示。食品サンプルかと勘違いしそうですね。こんなのが作れちゃう。他にも、ビーズとかリボンとかレースとか…手芸って奥が深いねぇと感心しました。


a0095010_172363.jpgで、趣味を極めるとこんなすごいのが出来ちゃうよ〜という見本がこちら。
第23回のホビー大賞作品です。すいません、タイトルは見て来ませんでしたが、和紙で歌舞伎小屋を再現しているんですよ。凄かったですよ。お人形は12cmくらいでしょうかね。町のにぎわいや演目の鳴り物の音さえ聞こえてきそうなほどです。他にも受賞作品がありましたが、どれも凝っていて見ていて楽しかったです。
ホビーの世界は侮れないわ…。
そうそう、全然ホビーと関係ありませんが、個人的に萌えたのが、若くて奇麗系のバイヤーの男性が海外の刺繍糸の展示ブースで、古いレース編みのデザインを熱心に見てた事。1900年代当時の貴重なもので素晴らしかったんですが、オバさんの中に混じってじっくり見てましたね。リーマン系のお話に使えそう…と、しっかり脳裏に焼き付けました(笑)


a0095010_1734018.jpgそして、こちらはザクとうふ。
なんでホビーショーに?と思われますが、ホビークッキングフェアと同時開催なので、お醤油屋さんですとか、お寿司屋さんですとか、アイスクリーム屋さんなどなど、こちらもあらゆる食品会社さんが出店してまして、もちろん販売もしてますので、お食事エリアでその場で食べられます。私のように胃腸が貧弱でない方々がぱくぱく召し上がってましたね。
私は夕食用にこちらのザクとうふ(枝豆)と、若狭の焼き鯖寿司を買って帰りました。
来年の開催は4月24〜26日の3日間です。体験教室はすぐ定員一杯になってしまうので、早めに行かれた方が良いですよ。私のように体力に自信のない方は、3日間共通券を購入された方がお得だと思います。
[PR]
by apodeco | 2013-04-30 22:51 | ご紹介 | Comments(0)

a0095010_22512618.jpg今年はとても早く桜が咲きましたね。
咲き始めにお花見に行きました。映画『夕凪の街 桜の国』のロケ地になった桜並木です。普通の河川敷なんですが、とても長くて奇麗です。毎年ここの小さな橋の上で、家族で記念写真を撮る事にしています。人生いろんな事が起きますけれど、今年も無事に撮影できたので、それだけでも良かったな…と思いながら、桜の花を眺めておりましたよ。
春は終わりと始まりの季節です。また新しい生活を頑張って始めたいと思いますわ。
人生の転機(大げさ)があり、いろいろ忙しくて更新遅くなりましたが、今回はJ.GARDEN34のレポートでございます。


a0095010_20551927.jpg3月3日のひな祭りに開催されました、J.GARDEN34に行ってきました。
今回はちょうど女の子のお節句に当たったから(?)か、企画ものがたくさんありまして、内容も充実したものでした。
但し…そのために、ちょっと勝手が違ったといいますか、ゆっくり回れなかったんです…。
敗因は色々ありまして、今回、いつも同行してくれるお友だちが欠席して、独りで回ったのものだから、事前に調べたのに、スペースに行き着けないうちに、新刊買い損ねました。方向音痴なんですよ。自分のスペースも間違えるくらいですし(笑)
それと、お天気でしたけど、寒かったから独りで会場前に並ぶの嫌だな〜って、遅く行ったのも間違いでした。
【失敗:その1】 企画ものの一つ、フリーペーパーを10枚集めてプレゼントを貰おう! というのがあったのですが、11時半の時点で「ほとんど残ってなーい!」状態でした。
(これ、サークルの立場では、毎回やって欲しい企画ですよね〜。タダでも、いつも手つかずで残っちゃったりするんですよ。プレゼントは無理でも、何か残して欲しいですね)
【失敗:その2】 絶対見ようと決めていた、大ファンの竹宮恵子先生とbelne先生の対談(写真のポスター参照。ジルとセルジュが麗しい〜)『Juneを語ろう』の見学が終わったら13時を過ぎてしまったので、ほとんどのサークルさんが撤収状態になっていて、慌ててお目当てのサークルさんを訪ね、仕舞ってる新刊を出して貰って買いましたよ〜〜。
毎度思いますけど、皆さん撤収が早いですよね。売り切れちゃったら仕方ないですけど。一般の人に『もう帰っちゃうのポスター』出してる場合じゃない! と言いたい(笑)
【失敗:その3】 途中で他のお友だちと合流してから、彼女に連れられスムーズに回れたんですが、漫画描きさんばかりに集中してしまい、小説書きさんとの新しい出会いがなかったのも残念でした。
(店仕舞いしてるから焦ってしまって…、いえいえ、遅く行った自分が悪いんです)
でもね、コミティアに行って思ったのですが、(スペース確保の問題があるんでしょうが)小説書きとしては、見本誌を一部ずつ提出しているのだから、コミティアみたいに立ち読みスペースがあればいいのに…と思います。自分でも思うけど、スペース前で立ち読みするの勇気いるんだもの。
それに、漫画は手に取りやすいけど、小説は中身見ないと(商業誌で活躍してる方は別ですが)ジャケ買いなんて、して貰えませんもの。
…何だか、今回は愚痴が多いですが、良かった事もたくさんありました!

【良かった事:その1】 
そう! 竹宮恵子先生とbelne先生の対談企画!『Juneを語ろう』は、見て良かった〜。(先生のお顔は昔から雑誌などで拝見してましたが、いつくになってもお奇麗で、格好良い方でした)
竹宮先生は、言わずと知れた『風と木の詩』の作者で、少年愛漫画の金字塔を打ち立てた方ですが、私がこのお話を読んだのは小学生の頃でして、実は難しくてよく分からなかった…というか、もどかしくてイライラしたんですよね〜。
対談の中でもおっしゃってましたが、竹宮先生は自分のキャラに情け容赦がないし…。
子どもだったから、当然オーギュは嫌いだったし、ジルには感情移入できないし、読み出すと止まらないけど、ハマらなかったんです。
もし、この頃ハマっていたら、今頃BLは卒業してたかも知れませんが、こんないい年こいてからハマってしまったもので、さあ大変…な訳です。
竹宮先生の作品で好きなのは、「ここのつの友情」や、「ウエディング・ライセンス」、「空がすき!」、「私を月まで連れてって」、そしてやはり、「地球へ…」ですね〜。
(全部小学生の時なので、おこづかいがないから、長い話は揃えられなかったんですね)
「地球へ…」など、当時朝日ソノラマから出た月刊マンガ少年の別冊を、今でも持ってます。あと、意外とギャグも描かれていたので、「魔女はホットなお年頃」は好きでした。要は、一番何でも吸収する時期に、一番読んでいた作家さんだった訳です。
そんな大ファンの先生のお話を聞けて、一番嬉しかったのは、belne先生のアシスタントさんで、「お箸が一揃おいてあるだけでも萌える」と言う人がいる、というのを聞いた竹宮先生が、「それ、分かりますねぇ」とおっしゃった事です。先生も、そんなところで妄想膨らんじゃって、萌えちゃうんだ〜って思ったら、嬉しくなってしまったんですよ。
「いくつになっても、萌えてて、いいんじゃない?」と言ってもらえた気がして。
最近、「そろそろ辞め時かな…」と思う事が多くなってたんですね。
BL小説を書くこと自体は楽しくて、一生懸命創作活動している訳ですが、やはり自分の歳を考えると、ふと我に返る事があるんですよ。「私、大丈夫かしら?」って。
特に家族に「そんな事(売れもしない小説書き)に時間を費やすのはもったいない」とか言われると、言い返せないんです。だって生活しなきゃいけないのは事実ですし、趣味の事に時間を取られ過ぎるのは如何なモノか…と、自分でも思っちゃう訳です。
考え出すと落ち込みますし、創作意欲も削がれます。アマチュアの哀しい現実です。
平々凡々の人生でも、いろんな事が起きますから…。きゅうぅ〜〜と落ち込んでたので、すごく元気を貰えたのでした。
【良かった事:その2】 
サークル【琥珀茶房(稲荷家房之介)】さんの原画展。
すごく奇麗でした。どうやって描いたのかしらと不思議に思うほど筆の跡が無い〜〜! 神業でしたね。漫画生原稿も「き、奇麗過ぎる…」
見られて良かった…。目の保養でした。当然画集をゲットしました。

という訳で、いろいろ素敵な企画が多かったけど、反省点も多い、そして実り多き一日でした!
[PR]
by apodeco | 2013-03-31 00:07 | ご紹介 | Comments(0)

a0095010_21402022.jpg先日、お友だちが参加している雑貨展へ行って来ました。
『ねこの雑貨にゃ』
アジアン雑貨 Oriental Heart
(オリエンタルハート)ミニギャラリーにて2月1日〜13日まで開催中。展示作品は、ぬいぐるみ・羊毛フェルト・陶器・写真・キルト・あみもの他、全てねこの小物です。


a0095010_2140075.jpg場所は、腐女子のメッカ・乙女ロードのある池袋より、西武池袋線『石神井公園』駅下車、南口より徒歩3分です。石神井公園へ向かう大きな通り沿いにあります。目印は『ホカリ食堂』という変わった名前の食堂。そのお隣にあります。木曜休み。
平  日:11:00〜18:00
土日祝日:10:00〜19:00


a0095010_21403457.jpg参加されている作家さんは10名。
友人は写真(一枚目の写真中央奥)と、ポストカードで参加しています。目を引いたのはやはりフェルトのぬいぐるみ(二枚目の写真)でした。肉球とかリアルだし、お腹がところどころピンク色の地肌が見えていたりして、よくできています。原寸大なので、抱いて寝たいわ…と思ってしまいました。
他にも、『魔女の宅急便』の黒猫ジジを思わせる、かわいくお腹がぽっこりしたマスコットとか、猫のひげ(抜けたやつ)を差しておくための陶器の猫とか、面白い小物がいっぱいありました。


私が購入したのは三枚目の写真にある、へびの…かがみもち? ねこじゃなくてへび買っちゃいました。おめでたくも頭にみかんが載ってます。とっても小さいのよ…というのが分かるかなと、鳥あたまソニーエンジェル(♂)ちゃんとマグカップを一緒に写しました。
私は見た目と違って、こういうこま〜い、かわいらし〜い、置き物が大好きなんです。
ちょうど連休もありますし、お時間がありましたら、どうぞお出かけになってみてください。足を伸ばして石神井公園を散策されるのもいいですよ。冬なので緑が少ないですが、池でボートに乗れます!(寒いけど楽しい…はず)

さて、もうひとつの話題は…

a0095010_21405077.jpg『草間さかえ画集』について。
デビュー10周年を記念して予約販売されたものなので、今ご紹介しても古書店でしか手に入らないかと思いますが、やっぱり書いておかないと気が済まないので…。
表紙のイラストは画集のための書き下ろし漫画に登場する子です。デビュー当時のものから最新作はもちろん、同人誌まで自選との事ですが、とても良いラインナップ。ファンとしては垂涎もののお宝です。たまりません。
ほぼ七年ですかね…追いかけ続けている(←怖い書き方ですね〜)とは言え、月刊誌のイラスト作品や小説の挿絵まで網羅する事はできないので、初めて目にする作品もあって新鮮です。
私の中での良いイラストの定義とは、見ていて物語を感じさせてくれる…という事です。
ただ、奇麗なだけ(それはそれで、目の保養ですが)よりも、構図の妙や、色彩から受ける心理的なものであるとか、いつまでも眺めていたいと思える作品が好みです。
もちろん、草間先生のイラスト(絵)はその好みにぴったり合致しているので、見ていて楽しいし、わくわくするし、唸ってしまいます。特に、構図と色彩は、希有な才能をお持ちの方です。
シックな色合いを好む方で、日本の伝統色…着物の色ですね、組み合わせも粋なものが多いです。カラーインクを使っていても和になるというか、日本画を見ているようです。
クリアな色づかいのものは少ないので、『どこにもない国』の表紙は、抜けるような青い空と海がとても印象に残っています。あと、『花』の扉絵。葬儀の幕と喪服。情報量は少ないけれど、何事が起きているのかと緊張感を孕んだ一瞬に、気持ちが奪われる扉絵で(単行本ではカラーではないので…でもまあ、カラーでもほぼモノクロですが、それが余計に)印象深かったです。
それから、先生の描く受けの顔が、なんとも色っぽくてですね…どんなにガタイが良かろうが、髭の紳士(未熟者なので見抜ける自信ないけど、受けであって欲しい)であろうが、も〜〜艶っつや! 目元が誘ってる感じがします。
もうね、ここで何を言っても画集なのですから、とにかくその目で確かめて! と言いたいのですが…。もし、目にする機会がありましたら、是非ぜひ、すみずみまでご堪能頂きたいです。

ここで、訂正がございます。
前の回の日記で書いた『シャーロック』ですが、やっぱりタイトルになるだけあってホームズではなく、名前のシャーロックって呼んでるそうです。まあ、それが親しさのバロメーターでもありますしね。
ついでに、アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』CM見て思わず興奮!
映画を見ていないので、初見なのですわ。デスラー総統の顔、めちゃくちゃ色っぽい系の女顔ですね〜〜!
とんでもなくイケナイ妄想をしてしまっております。とても楽しみです。
[PR]
by apodeco | 2013-02-06 22:03 | ご紹介 | Comments(2)

2013年、新しい年を迎えました。今年もどうぞ宜しくお願い致します。
さて、本年最初の話題はドラマCDのご紹介です。ご存知の方も多いかと思いますが、
オジサマ専科 公式HP → http://twofive.co.jp/ojisamasenka/
(BLじゃないですよ! オジサマ×お嬢さま←対象年齢は不明ですが)
こちらのイベントに昨年の12月23日に参加して来ました。
ご紹介〜♪ と言いながら、実はドラマCDをあまり聞いた事がなかったので、このオジサマ専科もお友だちに教えて頂くまで知らなかったんですよ。
「年末に素敵なオジサマ声優さんが勢揃いするのよ!」と教えられ、HPを見てみたら、あ〜らすごい…
大川透(鋼の錬金術師:ロイ・マスタングの声)
井上和彦(夏目友人帳:斑の声)
小山力也(ジャック・バウアーの声)
堀内賢雄(銀魂:金太郎の声)
田中秀幸(キャプテン翼:ロベルト本郷の声)
小杉十郎太(テニスの王子様:榊太郎の声)
内田夕夜(グイン・サーガ:ナリスの声)
成田剣(コードギアス 反逆のルルーシュ:ジェレミア・ゴットバルトの声)
浜田賢二(黒子のバスケ:木吉鉄平の声)
東地宏樹(黒執事:バルドロイの声)
石塚運昇(ヨルムンガンド:レームの声)
江原正士(トム・ハンクスの声)
こんなベテラン声優12名様を一度に見れちゃう! 
(順序は売り出しCD順。カッコ内の役は代表作というのではありません。単に私の好みです。他にも外画の吹き替えとか、ナレーションとかいろいろされてます。小杉十郎太さんは歌手でもあります)
これだけでも吃驚でしたが、チケットの値段(外タレのチケットと変わらないぞ…)にも吃驚で、どうしようか迷いましたが、アニメのサイボーグ009(2作目)を見て以来の井上和彦さんファンとしては、行くしかないとチケット売り出し当日にお友だちに取って頂き、目出たく最前列中央という、かぶりつきで見る事ができました。

イベントの内容は発売されたドラマCDVol.1〜6に則してまして(CD自体の内容は公式HPをご覧ください)、歌あり踊り(?)あり、朗読劇にトークショー、生アフレコあり…の、とっても楽しい3時間でした。
特に特別台本による生アフレコが最高でした。声のお仕事とはいえ、声優さんはエンターテイナーなので、いろいろ無茶振りにも頑張ってくださって、とっても盛り上がりました。
今後もゾクゾクと発売されるそうなので、また素敵なイベントが開催される事と思われます。オジサマ専科ですので、お若い声優さんは出られませんけど、ベテランの素敵な重低音を楽しみたい方にはぴったりです。是非チェックして見てくださいませ。特にイベントは一見の価値ありです! 乞うご期待。

余談ですが、声優さんというと私は何と言っても 富山敬さんです。
「宇宙戦艦ヤマト」の古代進、「タイガーマスク」の伊達直人、「侍ジャイアンツ」の番場蛮、「銀河英雄伝説」のヤン・ウェンリー…亡くなったときはショックでした。
そして、神谷明さん!
『バビル2世』のバビル2世役が一番好きなのですが、アニメのキャラに惚れたという経験は、後にも先にもこのバビル2世だけです。たぶん、神谷さんが声を担当していなければ惚れなかったかも…というくらい、美少年声でしたね〜。だから、キン肉マンをやったときはショックでした。北斗の拳で免疫ができたので、毛利小五郎〈初代〉のときは驚きもしませんでしたが。美少年は遥か遠くになりにけり…
その後の光明を担ったのが神谷浩史さんで、夏目友人帳では神谷明(バビル2世)再来かと美少年声に惚れ惚れしましたが、白くまカフェのペンギンさんに驚愕。
(青の祓魔師のメフィスト・フェレスも驚いたけど、なかなか素敵)
さすが声優…みなさん七色の声を持つのですね。
子どもの頃テレビで海外映画を見て、「この外人さん、日本語上手だねぇ〜」と本気で感心していたものですが、これからもアニメのキャラに本気で惚れちゃうくらい、素敵な声優さんに巡り会えたらいいなぁと期待しています。
[PR]
by apodeco | 2013-01-06 22:32 | ご紹介 | Comments(0)

J.GARDEN32に参加しました

a0095010_1883985.jpga0095010_189180.jpg


お久しぶりの更新です。
またしても前回の更新からすご〜く間が空いてしまいましたね(-_-;)
すっかりイベント報告の場と化してますが、今回も例によって…ご報告です。

J.GARDEN32に参加しました〜♪
今回は4月1日、エイプリルフールの日に開催。『お話を書く』=『どれだけ楽しい大ボラを吹くか』と思っているので、ぴったりな日だなぁと思いました。お天気も前日は嵐に見舞われましたが、すっきり晴れて(ちょっと肌寒かったけど)何よりでした。
でも、やっちまいましたよ、大ドジ。前回もフリーペーパーの日付を間違えたのですが、今回はスペースを間違えた…。
参加も3回目ですし余裕で準備を終えて、今回初めてお手伝いをお願いした友人(JUNE愛好家。でも一人では会場を歩けない小心者←ひどい言い草)とガイドをチェックしていた時、「あれ?」と気がついたんですよ。
「私ってスペース “ に ” だっけ?」
「えっ? ここ “ な ” だよ!」
ガイドを見たら “ に ” だし、自分で作ったポスターも “ に ” になってる。私、“ な ” の番号にお店広げちゃってます。
「きゃー! 間違った〜」
「本当はどこなのよ?!」
すでに開場10分前! 
『よろしくお願いしま〜す』と笑顔で挨拶して下さったお隣さんへ、恥ずかしかったけど「間違えました〜」と別れを告げて大慌てで移動しました。そして今来ましたのよという顔でお隣さんにご挨拶。
友人の機敏な働きのお陰で3分前には準備完了。ほっとしたら何だか可笑しくなって、しばらく二人で笑ってました。不幸中の幸い(?)か、“ な ” のスペースの方は欠席されたようで、いらっしゃらなかったのですけども…ごめんなさ〜い。

新刊出せなかったので、どうかな…と心配だったのですが、絵師の本間さんの漫画(下の写真)がありましたし、豆本(上の写真右奥に蛇腹の小さなのが豆本)効果もちょっとあったみたいです。
お知り合いや友人、毎回訪ねて下さるお客様もいて、とても有り難かったです。どうもありがとうございました。
毎度思うのですが、お客様って獲物を狙うハンターみたいですよね。スペースを訪ねて来る友人たちも、口を揃えて「観察してるのが楽しい」と言ってました。
今回特に、20代前半くらいの可愛い顔した男性が二人、柱の傍に立ってそりゃあ楽しそうに本(同人誌かガイドかは不明)をめくっておしゃべりしてたのが印象的で、いっそフリーペーパーを配って来ようかと思いましたが、勇気が出ませんでした。
友人曰く、「狩りデビューしたてで、玄人の“またぎ”ではない」初々しさがありました(笑) 
私が狩り(買い物)に行っている間留守番してくれた友人が目撃したお客様は、パンピーとは明らかに違うオーラを放ったモデルみたいに美しい女性の二人連れだったそう。「ペーパー渡してくれた?」と聞いたら、「異次元の世界の人みたいで近づけなかった…」そうです。ああ、見てみたかった…。

今回も素敵な獲物をゲットしましたし、大好きな作家さんと同じ日に同じ会場でお店を開けましたし、同人活動を始めた当初の夢が全部叶って大満足しています。次回は、また自分が満足できる新刊が作れた時を予定しています(委託参加は検討中です)。
改めて、今まで手伝ってくれた友人、絵師さま(本当にありがとう!)、お立ち寄り下さいましたお客様、またお買い上げ下さいましたお客様、そして、イベントスタッフの方々に感謝申し上げます。
素敵な楽しい時間をありがとうございました。
また参加出来るよう、頑張ってお話を書き続けようと思います♪
[PR]
by apodeco | 2012-04-02 22:45 | ご紹介 | Comments(0)

本間まりさんの漫画です

 今日は立冬です。でも、ふ〜ゆ〜が、は〜じまるよ〜♪  …とは思えないぼど暑いですね。会社の男の子は未だに半袖を着ています。いつになったらコートを着られるんでしょうか。
 カレンダーをあと一枚めくったら、もうクリスマスだというのに…。南半球じゃないんだから、半袖のクリスマスは嫌だなぁ。
 節電の必要があるので極寒も困りますけど、もう少し11月らしくなってほしいものです。

 ここのところ、ずっと体の具合が悪かったので、何かを作る気力も体力もなく、気がつけば11月です。
こちら『のあーる・とあーる夜話』の更新も、今年はまだ二回しかしてなかったのですねぇ…。やるやるって口ばかりで、すっかりオオカミ中年になってしまいました。
 地震の影響があるとはいえ、ちょっと反省。今年も、もう残り少ないですが、頑張りたいと思います。

 さて、今回は一緒に同人活動をしている絵師さま、本間まりさんの漫画をご紹介致します。
 10月9日のJ.GARDEN31で無料配布したものです。本編は来春4月1日のJ.GARDEN32にて販売予定ですので、こちらは予告編になります。

 本間さんには私の処女同人誌の表紙絵と、書き下ろしの扉絵を描いて頂きました。ヘタレ攻の友彰をそれはそれは素敵に描いて下さって、大変気に入っています。
「シンデレラのガラスの靴を描いて〜」などと簡単にお願いしましたが、二つ返事で引き受けて下さって、データを頂いた時は感激しました。これ、自分じゃぜってーかけねー…。
(6月の振替開催のご報告に写真が出てますので、ついでに覗いて見て下さいませ)

 本間さんご自身は、BL漫画は初挑戦になります。やはり色々と勝手が違うようで、苦心されてるみたいです。既に「絡みは描けない…」と泣きが入っておりますが、それは、それ。独特の絵と作風でご自分の萌を追求して頂きたいと思います。
 小さなお子さんを育てながらの創作活動ですし、暴露しちゃうと私と同い年ですので、まあ、色んな意味で心臓バクバクさせながら頑張ってますので、どうぞ応援して下さいませ。

タイトル : V O N (ボイス オーバー ナビゲーション) [LITE MY FIRE]

1
a0095010_059096.jpg



↓続きは下の NEXTの文字をクリックしてください。
 ※画像が見えづらい時は、画像をクリックすると大きいサイズで見られます(別窓)。
 ※閉じる時は、開いた画像をもう一度クリックすると閉じます。


NEXT
[PR]
by apodeco | 2011-11-08 23:04 | ご紹介 | Comments(0)

J.GARDEN31に参加しました

 金木犀の息苦しいくらいの芳香に、やっと秋がやって来たな〜としみじみ…。
 そして、前回の更新からまたまた三ヵ月も間が空いてしまい、J.GARDEN初参加のご報告の次が、秋のJ.GARDEN参加のご報告になってしまいました…(-_-;)
 イベント参加の楽しさに味を占めてしまい、続けて申し込みをしたのはいいのですが、時間があまりなかったため、準備にかかりっきりになっていました。
 うす〜い本ですが、何とか新刊ご用意出来ましたし、一緒に参加してくださった絵師さまに励まされて、フリーペーパーに漫画も描いてみました。
 たったの2ページなのですが、初めての事ですし、9月の連休全部つぶして(小説書くより時間かかりました…)描いたのですが、お買い上げ下さいましたお客様にお配りするのが精々でした…哀しい(T_T)
 どうしようか迷いましたが、こちらは本来イラストブログですので、すっごく恥ずかしいですが思い切って公開します。
(日付が6日になってます。間違えました。粗忽者なので、よくこういう間違いをしますうぅぅ…)

a0095010_20215593.jpg

a0095010_20215590.jpg

 イラストは描いてましたが、こうしてコマを割って、同じ顔をいくつも描く…というのは初めてです。
 むか〜し、むかし、漫画家になりたいと思った時期もあったので、『死ぬまでにやりたい〇〇の項目』じゃないですが、「やれる時にやってみよう!」という事で、まずペーパーで2Pものに挑戦してみました。
 さあ、この次は8〜10Pの本格的な漫画を描くぞ〜っと思っていますが、たぶん、来春の庭までには間に合わない…(この2Pを仕上げるのに、どんだけ時間かかったか…死ぬ〜)ので、いつの日か小説の横に並べられる日が来るのを夢見て頑張ります。

 さて、J.GARDEN31ですが、こちらはやはり振替開催から日が近かったせいか、サークルさんの数が少なかった気がします。新刊を出せた方も少なかったのでは…と思いますが、私自身は収穫が多く大満足でした。2回目の参加で気分的に余裕もありましたし、事前にサークルさんのチェックもして来ましたので、素敵な作家さまをたくさん発掘出来ました。
 スペースの方へは、前回から引き続き来て下さった方が何人もいらして、大変嬉しく有り難かったです。ご感想も頂けましたし、お立ち寄りくださいました皆さま、本当にありがとうございました!m(_ _)m
 相変わらずあの場にいるとすごく緊張するので、満足にお話出来なくなっちゃうのですが、伺ったご感想はしっかりお話作りに活かしていきますので、今後ともよろしくお願いしま〜す。(サイトのお話の続編についてはDiaryの方でお知らせ致しますね)
 来春の庭ではまっさらな新作を出す予定です。サイトとは系統の違う、出来るだけBLっぽいのに挑戦したいと思っています。それと、また何か小さなプレゼントをご用意したいと思います。前回出来なかったしおり引き、とっても楽しく出来ましたので♪

 10月中に、あと2回くらい更新したいと思いますので、お暇な時にまた覗いて見てくださいませ〜。
[PR]
by apodeco | 2011-10-11 23:44 | ご紹介 | Comments(0)