カテゴリ:ご紹介( 26 )

殉教者のためのディヴェルティメント
山本 タカト / / 河出書房新社
スコア選択: ★★★★★



 今回は画集のご紹介です。
 山本タカトさんです。全体的に浮世絵を思わせる色使い、緻密で繊細な線の連なり。エロスグロテスク耽美とはこうしたものと、
見せつけられるます。
 ビアズリーゴシックホラー(並べて書いてますが、かなり質が違うかも)などがお好きな方にはお勧めします。澁澤龍彦さんが生きておられたら気に入られたのではないでしょうか…(今年は没後20年だそうです、早いなあ)。
 この方の絵の何に惹かれるかと言えば、日本的な顔でしょうか。
 特に表情があるわけではありませんが(敢えて言うならアンニュイな感じ)、見ていると、その無表情な顔がエロティックでぞくぞくしてきます。
 全体的に乾いた感じです。死の匂いにまみれた絵でも、今血を流しているにもかかわらず、すぐさまカラカラと乾いてしまって生々しい腐臭がしない…感じ。
 ミイラなどの乾き物の大好きな私には堪りません。(←変態入っているので、あまり理解してもらえません)
 こんな変態じみた感想を持つのは私だけかもしれませんが。とにかく美しいです。
 何だよ、どんな絵なんだよ…と思われた貴方、一度是非見てみてください。
 
 眼が素敵なんですよ。この方以外で眼に「やられた!」と思った絵は、高畠華宵さんのくらいですかね。
 現実の生きている方でこの眼をお持ちなのが、三輪明宏さんです。やっぱりあの方は人間じゃないのかもしれません…。

【余録】…この画集に、私が唯一ハマっている耽美(BL)小説家 水原とほるさんの『唐梅のつばら』の表紙絵(まだ未読なので挿絵もされているかわかりません・汗)が収録されています。
 水原とほるさんの小説は肉体的にも精神的にも「痛い」です。
 結構好きです。怖いけど、気持ち悪いけど見ちゃう。そんな感じ。
 人にお勧めしていいものやら分かりません。機会があれば、BL感想文を書きたいと思っていますが、これこそ嗜好の問題で、こっそり障子の穴から聞かせてあげる…という感じです。

 19日の日曜日にコミケに行って来ました。
 あまりの暑さに長くはいられず、会いたいと切望していた作家さんに声を掛ける!(会えて嬉しかった〜。感激しました)という第一目標クリアののち、雑貨など眺めて早々に帰ってきました。
 私の夏は終わってしまいました。暑い夏でした…。
[PR]
by apodeco | 2007-08-25 01:15 | ご紹介 | Comments(4)

素敵ブログ様、ご紹介

a0095010_184843.jpg今回は、素敵な短歌を発表されている、polarisM1さんのブログをご紹介します。

闘う短歌のブログ「短歌の森」です。

短歌というと、私はすぐ万葉集などの「恋うた」と思ってしまうのですが、
恋だけでなく、日常のいろいろな事柄を歌っていて、とても奥が深いのですね。
polarisM1さんは一回一首、発表されていまして、
この度、短歌作品集を出版されました。
おめでとうございます。
すばらしいですよね。是非サイトをご覧になって、素敵な短歌に触れてみてください。
私もイラストが描き溜まったら、豆本でも作ろうかしら…。

次に、私ですが、七日ごとに更新しようと思っておりましたが、延びそうです。
すみませ〜ん。
久しぶりに絵を描いていますが、やっぱり間が空くと、描き方忘れました(笑)
もともと自分の絵が嫌いといいますか、納得がいかないといいますか、要はヘタ過ぎて気力が萎えて描かなくなったのですが、また落ち込みそうな予感。
モノにはリズムがあって、一度途絶えると続けるのが難しいです(言い訳ですが)。
なんとか復活したいと思います。出来上がり次第、更新いたします。

では、またお会いしましょう。
[PR]
by apodeco | 2007-07-01 01:46 | ご紹介 | Comments(2)

素敵サイト様、ご紹介

素敵サイト様のご紹介です。
BL小説サイト すずめのお宿 —Sparrow's Hotel—様です。

↓ぽちっと、押してね。
a0095010_063686.jpg



私はBL小説が大好きです。
素敵なお話を読めば人に紹介したくなるのが常ですが、悲しいかなBL小説は「読んでみてね…ねっ!ねっ!」という消極的姿勢になってしまいます。
でもこちらの『すずめのお宿』の管理人 すずめ様のお話は、どなたにでもご紹介できる素敵なお話ばかりです。
読後はとても爽やかで、あたたかい気持ちになること請け合いです。

是非、ご覧くださいませ。
[PR]
by apodeco | 2007-05-12 00:14 | ご紹介 | Comments(8)

素敵サイト様、ご紹介

またまた、素敵サイト様のご紹介です。
BL小説サイト 再応(SAIOH)様です。

私にBLという世界を教えてくださった、御師匠様です。
現代ものからファンタジーまで、さまざまなお話を書かれています。
全てのお話に管理人 叶さんのが溢れているんです。(色んなカタチのね!)

もう是非、ご覧くださいませ。
↓ぽちっと、押してね。

a0095010_1575795.jpg


いろいろなタイプのバナーをご用意されているのですが、私はこれが好き。
「B.B.」シリーズの主人公二人のイラストなんです。イメージぴったりなの。
特に吉田くん(黒髪の彼)、もろ好み…。

※15禁制です。ブックマーク等、サイト様のご指示に従ってください。
[PR]
by apodeco | 2007-04-03 02:02 | ご紹介 | Comments(3)

素敵ブログ様、ご紹介

このブログと同じく、イラスト中心の素敵ブログ様

 MAN-NERI 様のご紹介。
↑ぽちっと、押してね!

『男絵ブログ』とのことですが、まさに男、男、男。
男前勢揃いです。
素敵ですよ〜。
私もあんな、これぞ、男!! が描きたい〜。
ぜひ、ご覧になってくださいね。

あとですね、
「みんなに、見てもらえるんじゃない?」
という先輩ブロガーのアドバイスで、ブログランキングやってみました。
よろしかったら右手メニュー、お気に入りの「人気blogランキングへ」を
ぽちっとお願いします。

これからまた、イラストがりがり頑張りたいと思います。
更新遅いですが、よろしくお願いしまーす。
[PR]
by apodeco | 2007-03-30 00:22 | ご紹介 | Comments(4)

ごあいさつ

a0095010_020559.jpg

※イラストをクリックして見てください。

ようこそ、のわーる・とわーる夜話《漆黒寒冷紗的夜話》へ。

里秋の語る昔のこと、今のこと、ほんの少し明日のこと。

内容はオリジナル・イラストと読書、映画、美術など
趣味のあれこれをご紹介したいと思います。

※ご紹介する中に『BL』や『やおい』、性的表現を含むものがございます。
 冒頭に注意書きを添えますが、嫌いな方はお読みにならないで下さい。
※イラスト、文章(特に注意書きのないもの)は里秋のオリジナルであり、
 著作権は里秋に帰属するものとします。

タイトルは萩原朔太郎の詩『遺伝』の一節よりとらせていただきました。
正確な表記は“のわあある、とわあある やわあ”。当て字を振って使用しています。
言葉の響きが好きなだけで、特に意味は無いです(笑)。

それでは、また明晩お会いしましょう。
[PR]
by apodeco | 2007-03-22 01:06 | ご紹介 | Comments(2)