カテゴリ:学ラン通信( 21 )

今回も、こちらでページのないお話。『たわいない話(下)』 則行sideです。
私も則行と同じ三人兄弟です。年が離れているのであまりベタベタ過ごした思い出はないですが、夏の時期に思い出すのは、物干台で行水をした事でしょうか。
大きな金タライに張った水の中に、麦わら帽子を被って浸かっているオールヌード写真が残っています。兄も隣りで水色のベビーバスに浸かり、お揃いの麦わら帽子姿のすっぽんぽん。姉はこの頃すでに小学校高学年でしたので、行水には不参加。足湯ならぬ、足水で我慢していたみたいです。
物干台の隅に置いた小さなプランターには、宿題の観察用にあさがおとひまわりが植わっていて、その隣りの小さな水槽には縁日で釣った金魚が泳いでいました。
住む所は色々変わりましたけど、この古い家で過ごしたあれこれを、今でも一番懐かしく思い出します。

これで、『紫雲、棚引けば—庚申塚高校物語—』サイト掲載分の再アップは終了です。
つづきがいつになるかは、ちょっと本人にも分かりませんが…でも、このシリーズは必ず書きますから!
待ってて頂けたら嬉しいです…。

つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2012-08-09 22:46 | 学ラン通信 | Comments(0)

『紫雲、棚引けば—庚申塚高校物語—』を元のページにと思ったら、新しくサイトで書いてたのがあって、ページがありませんでした…(^_^;)ゞ
新たにページを立てますが、『紫雲、棚引けば—庚申塚高校物語— その6』のつづき…というかおまけですので、そちらを読んでからお読み下さい。
右側メニュー【 タグ 】の “紫雲”か “散文” をクリックして頂くと、一覧が出ますのでご利用下さい。

何だかまどろっこしいことをしていますが…
このシリーズはBLサイトを始める前からこちらで書いていたもので、小説の書き方(?)とか、難しいことはな〜んにも考えずに、主人公だけでなく、周りの登場人物が順繰りにお話を引き継いで展開していく…というかたちで書き出したものですから、主人公の恋物語へなかなか進まないという事態になってしまいました。
このまま書き進めると、と〜っても、じれったーい話になってしまうので、ただ今考え中でございます。
一つは、書き直さないで『岡田克巳の場合』につづく、『朝比奈潤次の場合』を書いてから、薫視点の本編に進むか、もう一つは、則行、薫、交互に進めて克巳・潤次は番外括りにするか…
おお…こうして書いていると、考えがまとまってきますね。交互案が有力ですが、もう少し考えます。
もう一つ、サイトの短編に『思秋期』というお話を載せていたのですが、
『朝比奈潤次の場合』に関連するお話なので、『紫雲〜』を外した時点で自動的に外れることになりました。
こちらは年齢制限ありのお話ですので、こちらのブログでの掲載はできません。サイトで紫雲を更新できるようになり次第、再アップしたいと考えています。

お話は↓つづきを読むからご覧下さい。

つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2012-08-07 21:46 | 学ラン通信 | Comments(0)

お詫びとお知らせ

a0095010_12531427.jpg 12月になりました。
 長らくお休みしておりましたが、またぽちぽち再開したいと思います。お休みの間にお寄りいただいた方には申し訳ありませんでした。
 もう一つお詫びがありまして、当ブログでのお話の掲載を止めることにし、本来のイラストブログに戻したいと思います。イラストに纏わる呟きや思い出話、BL、非BL合わせての読書感想は続けていきたいと思っています。
 よって、『紫雲、棚引けば—庚申塚高校物語—』はここで一旦終了とさせていただきます。来春、完全BLのお話サイトを立ち上げ予定ですので、そちらの方で継続していきたいと思います。(現在「秋の話」(←もうクリスマスだっていうのに…)と「朝比奈潤次の場合」をぽつぽつ書いています)
 今まで通り週に一度の更新はできませんので、ブログ、サイト共に、できたら更新ということにさせていただきます。

a0095010_147415.jpg イラストの方はペン入れ後、ステッドラーの水彩色鉛筆で着彩しています。上は克巳&潤次、下が則行&薫です。久しぶりに、しかもかなり慌てて(3時間くらいで)描いたので、身長差も正しくないし、克巳たちの方が大きいし。うわ〜恥ずかしくて身震いします(これを載せちゃうって、私って…)。
 水彩色鉛筆って随分前から持っていた割に、実際に水彩として使ったのは初めてです。すごい事になってますよね〜。小さい絵には向かないですね。全部滲んで細かい色分けが無駄に…。でも上手く使いこなす事ができれば、グラデーションを多様した綺麗なものが描けるかもしれません。
 何を食べているのか…というと、克巳は「今川焼き」、潤次は「たこ焼き」、則行が薫から一口貰おうとしているのは「たい焼き」。高校生の頃の冬の買い食い定番商品です。夏はこれに「かき氷」が加わります。「お好み焼き」も売っているのですが、私はたこ焼きの方が好きなので。焼き芋が一番好きですが、何故か売っていないんですよね。
 おばーちゃんの原宿「巣鴨地蔵通り」商店街をぷらぷら歩きながら食べ歩いていました。ちなみに、一番混んでいるのは4の日(4のつく日)の縁日で、普段はそんなでもないです。克巳はばーちゃんが好き(婆専か?)なので、縁日の日に行きたがりますが、他のみんなが嫌がるので普段の日に食べに来たって設定。
[PR]
by apodeco | 2007-12-11 14:58 | 学ラン通信 | Comments(0)

a0095010_1647413.jpg

久しぶりに、イラストとお話をセットで。でも、イラストはスケッチ状態です。
気力が衰えていまして、嫌だな〜と思いながら描いているので、仕上げられませんでした。ちょっと色を付けて誤魔化しています。
描く度に顔が違いますが、一応『佐々木則行』です。憂鬱な授業中というイメージで、心ここにあらず、な雰囲気です。
11月も不定期更新で進行させて頂きます。やるぞ〜と宣言した事もなかなか出来ない状態です。まあ、そのうちに…。気長にお付き合いください。
もうすぐ今年も終わりですね〜。早いですね〜。また一つ、年をとっちまいます。

お話は、飯島薫の呟きです。
二人の話が棚上げ状態なので、書いてみました。特に進展する訳ではありませんが…。
結構長くなってしまいましたので、いつものようにお暇なときにお読みください。
では、↓よりどうぞ。
※この物語はフィクションです。実在の人物・事件・団体等、一切関係ありません。

つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2007-11-05 17:00 | 学ラン通信 | Comments(0)

a0095010_111446.jpg9月最後の更新に「岡田克巳の場合」の最終回を持ってこられました。長かったです。ねちっこく書かせていただきました。
もうそろそろ、ブログでは辛い状態になって来ています。内容的にもHPを立ち上げるべきかと検討していますが、いろんな事をやりすぎて、管理が出来るか分かりません。手が回らない感じです(笑)。
来年までは、このまま頑張ろうかと思います。
次は「朝比奈潤次の場合」になりますが、年末に開始できればな…、という予定です。その前に夏〜秋の短い話を書きたいのと、少しイラストを頑張ろうかなと思っていますので。
最近、お話を書くことに夢中になってしまって、本来のイラストを描くことが疎かになっています。描きたいな〜とは常に思っているのですがね。
何でも身構えると進まなくなってしまうのです。趣味でやっていることだから気楽に考えればいいじゃないかと思いながら、やるからにはやっぱり納得のいくものを…とこねくり回してしまったり…。生みの苦しみなんて言えば格好いいですが、単に才能がないだけです(笑)。

何はともあれ、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
それでは、↓よりどうぞ。
※この物語はフィクションです。実在の人物・事件・団体等、一切関係ありません。


つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2007-09-29 02:19 | 学ラン通信 | Comments(2)

a0095010_21531062.jpg今週末は連休ですので前倒しで更新します。
先週、高校の生物部OB会より懇親会の案内がきまして、残念ながら欠席のお返事を出しましたが、そのハガキのアンケートに「何か生き物を飼育していますか?」という項目がありました。鳥や猫などに混じって、ゴキブリ以外の身近な生物というのがあり、目が点に。研究所で飼育しているゴキブリは清潔だそうですが、昆虫の中でも身近にいて欲しくない生き物ですよね。
以前人間観察の話を書きましたが、生き物は全て見ていて飽きないです。実は上記のゴキブリも…、ね。
 夜、台所を掃除していた母に呼び止められ「な〜に〜?」と近づくとシンクにゴキブリが!
「ひっ!」と息を呑むと母が人差し指を立ててシーッと合図します。え?と思いながらよく見ると、踊ってるんですよ〜。
大きめのシンクと少し小さめのシンクが並んでいるのですが、その境目をまるで花道のようにして2匹のゴキブリが行きつ戻りつしているのです。求愛ダンスなのでしょうか? 羽をコオロギが鳴くようにぱたぱた立てて踊っている様は何だか楽しそうです。
気持ち悪さ半分、可笑しさ半分で「踊っているね」と言うと、「うん、踊っているね」と答えた母の手には、しゅんしゅん音を立てたやかんが…。
幸せの絶頂で2匹は天国へ。「ジ・エンド」と言った母を見ながら私の頭の中には『世界残酷物語』のテーマ曲が流れたのでした。

この後に岡田くんの話、というのも何ですが、シリアスも続くと飽きますね。おまけに引っ張ります(笑)。気長にお付き合いください。では、↓よりどうぞ!
※この物語はフィクションです。実在の人物・事件・団体等、一切関係ありません。

つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2007-09-20 23:11 | 学ラン通信 | Comments(0)

a0095010_17244888.jpg一番古い自分の記憶はいつ頃のものか。皆さんは覚えておられますか?
私はだいたい3、4歳くらいですね…。多分親から聞いた話と自分の記憶が融合していて本当の記憶かどうか定かではありませんが、なんとな〜く覚えています。
3歳のとき、障子貼りに夢中の母の横をこっそり通り抜けて、スリッパのまま道沿いに山手線のホームまで行ってしまったのも、自分の記憶として残っています。(あのまま電車に乗っていたら、今頃別な人生歩んでましたよ)
7、8歳くらいになると、記憶も割と鮮明で、友だち同士でかなり大人な会話をしていたように思います。小学生になって沢山友だちも出来て、人も好きになるし、喧嘩もするし、意地悪もするし…。毎日ぐるぐる真剣に、生きていたように思います。
記憶を辿っていくと、ほんのちょっとした事で、もう少し楽に生きられる気がするのにどうして出来ないのかと、それこそタイムマシンでもあれば当時の自分に言って遣りたい事もあります。でも、だからこそ今の自分がいるのだと、最近は思いますけれど。

さて、岡田くんの話、長いです。暗いです。頑張って覗いて見てください。
 では、↓よりどうぞ。
※この物語はフィクションです。実在の人物・事件・団体等、一切関係ありません。

つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2007-09-16 18:25 | 学ラン通信 | Comments(0)

a0095010_1882619.jpg台風、すごかったですね。皆さまのことろは大丈夫でしたでしょうか。
台風のことを「野分(のわき)」と言うのだそうです。日本語は本当に美しいと思います。
(実際の自然現象は、美しいとばかり言っていられませんけれど)

今書いているお話は、主人公二人の同時間の出来事を、各人の目線からはじまった訳ですが、登場人物が増えるとそれだけ場面も増えるということで、岡田くんの話は四人分の分量があります。
この後、朝比奈くんの話へ続きますが、更に増える…と思います。登場人物も更に増えます。
 終いに自分でも分からなくなりそうで、数えてみたところ両親や兄弟を省いても16人出てきています(名前だけしか出てこない人も含みます)。
人は必ず誰かと関わります。一人で生きている人はいないからです。人生でただすれ違うだけの人も含めれば、いったいどれくらいの人々と、出会って別れていくのでしょうか。必ずしも良い出会いばかりではありませんが、やはり縁があっての事ですから、大切にしたいと、私は思います。
 
では、いつものように↓より、どうぞ。
※この物語はフィクションです。実在の人物・事件・団体等、一切関係ありません。

つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2007-09-08 18:47 | 学ラン通信 | Comments(2)

a0095010_0375096.jpg9月に入りました。少し涼しくなってくれると有り難いですね。
剣道の話を書いていますが、以前NHK教育の「にんげんドキュメント」という番組で世界剣道大会で主将を務めた方のドキュメンタリーを見て大感激したもので、つい魔が差しました。書きたくて書いたものの、やったことありませんもの、わかりゃしない(笑)
剣道経験者に根掘り葉掘り訊いて、DVDを見て、ネットで調べて、頑張りました。果たして剣道を知らない方に私の文章力で伝わるのでしょうか? 冷や汗ものです。
今回調べてよかったなと思うのは「剣道って面白い!」って分かったことです。
一瞬で勝負がつくことが多いですが、延長になった場合時間は無制限ですよ! 延々11分の試合なんてよく気力が持つと、敬服しました。
佐々木の試合は5話目になります(まだ先じゃんか!)。
剣道に興味のある方は、DVD『ただ一撃にかける』(発行・販売:NHKエンタープライズ)お勧めです。

さて、今回もまた気長にお付き合いください。↓よりどうぞ。
※この物語はフィクションです。実在の人物・事件・団体等、一切関係ありません。

つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2007-09-01 01:46 | 学ラン通信 | Comments(0)

a0095010_229559.jpg夏休み中に4コマもと思っていたのですが、描いたことなくて(笑)。
ちょっと間に合いそうにありません。ごめんなさい。勿論描くつもりでいます。もう少しお待ちください。
4コマ漫画の本を買ったことがないのですが、むか〜しの『ぴあ』に“微笑家族”という故中島らもさんの4コマが載っていまして、あれがすごく好きでした。
カネテツデリカフーズの「てっちゃん」の顔なんですが、顔が全部同じなんです。怒っていても笑っていても泣いていても、にっこり笑顔。でもすごく笑えました。
らもさんの事はよく存じませんが、事情があったのか途中で若木エフさんが引き継いで続けていました。
この方も(生き方が)無頼派な作家さんでしたね…。無頼派の作家さんなんて絶対、間違っても亭主にしたくないですが、生き方は、う〜ん、格好いいのかな…?
4コマ漫画で唯一もっているのが、西炯子さんの『ひとりで生きるモン!』(1)(2)です。
また別な機会に西さんのご紹介をしたいと思いますが、この方の絵、大好きです。
結構エッチで可笑しい。電車の中では読めません。

4コマを飛ばして、岡田くんの話を頑張りました。
長いです。全部読むのが嫌になるかもしれません。6話の展開ですが、4、6話目が長いので、アップするときは8話になるかもしれません。内容もちょっと暗め。
お暇なときにちょっとずつお読みください。
 
夏も終わりですね。虫の声が変わってきました。
9月からまた週に1度の更新になります。また7日目の夜にお会いしましょう。

では、いつも通り↓よりどうぞ。
※この物語はフィクションです。実在の人物・事件・団体等と一切関係ありません。

つづきを読む
[PR]
by apodeco | 2007-08-26 23:15 | 学ラン通信 | Comments(0)