<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0095010_16494310.jpg

 ビバ、宝塚!って感じですね(笑) 池田理代子先生チックな絵になってしまいました。好きなもので。
 一月最後にもう一枚、頑張って更新しました。
 久しぶりの肖像シリーズです。現存の肖像写真を元にちょっと私のイメージを加えて、近代の(広い意味で)芸術家の絵を描いていますが、今回のロベール・ド・モンテスキュー=フザンサック(Comte Robert de Montesquiou-Fezensac, 1855-1921)伯爵の絵は、写真ではなく肖像画を元に描きました。
 イタリアの画家、ジョヴァンニ・ボルディーニ(1842-1931)が描いた『モンテスキュー伯爵』(1897)です。“ダンディー”を体現している伯爵に一目惚れしました。
 モンテスキュー伯爵はベル・エポック時代随一の伊達男、趣味人でした。名家の出身(かのダルタニヤンの末裔)で詩人であり優れた批評家です。プルーストが『失われたときを求めて』でシャルリュス男爵のモデルにしたという伯爵は、男色で知られた方なんだそうです。事の真偽はさておき、とにかくそのお洒落さには目を見張ります。
 正方形の枠に納めるために全体まで描けませんでしたが、茶系のカシミア地のスーツに、お揃いのシルクハットを左手にさり気なく持っています。黒い(ボウ)タイと白いキッドの皮手袋。手にしているのはルイ15世ゆかりのステッキだとか…。
 左腕にトルコ石らしいカフスがちらりと見えているのですが、これを模造したものが売っているらしいですよ(日本で手に入るか分かりませんけど)。着るもので目立つのは野暮なんだそうで、こうした細部に気を使っていたんですね。
 いったい本物はどんな絵? と思われた方は、Shotor Museum『名画とファッション』深井晃子著(小学館)をご覧になってください。
 これは“名画の魅力をファッションから鑑賞する”というコンセプトの本で、描かれた服装だけでなく、その人物や時代背景などにも触れていて大変面白い美術書です。興味のある方は是非どうぞ。
(伯爵本人については『1900年のプリンス』 フィリップ・ジュリアン著( 国書刊行会)に詳しく出ているそうです。未読)

ポイント…口髭
 いつもは顔を中心とした構図で黒を基調に仕上げていますが『モンテスキュー伯爵』の場合、今までとは違って全体の雰囲気が命なので、反対に白を基調にしてみました。
a0095010_16561572.jpg 口髭をレット・バトラー風(昔はこの人の魅力が分かりませんでしたが、今なら分かりますよ。年取ったのね私…)にしましたが、没にした左の絵の方がボルディーニの絵に近いです。
 本物は下唇の下にも山羊のような髭をはやしています。私のはフェロモン垂れ流し系になってしまいましたが、もっと落ち着いた上品な大人の男性です。

 さて、貴族という人種を見たことがないので、なかなかイメージしにくのですが、ぱっと頭に浮かぶのはヴィスコンティの映画です。『ルートヴィヒ』のヘルムート・バーガーが似ているかなと思いますが、こちらは1864年ころのお話なので、年代的には『イノセント』の方が合ってますね。でもイタリアのお話だから微妙に違うかも。
 私はイギリス映画(俳優)が好きなので『眺めのいい部屋』のダニエル・デイ・ルイス(←どあ〜い好きなんです〜。そのうち「男絵」でダニエル描きますよ!)は、と思ったのですが、これは更に20年ほど後の今世紀初頭の話で、貴族と平民の差が殆どなくなりつつある時代なんで、お洒落だけど華美じゃないのね。
 あまり映画を見ない私はこの辺が限界でした。19世紀末を描いたフランス映画で有名なのがあったら、どなたか教えてくださいませ〜。
[PR]
by apodeco | 2008-01-30 17:33 | 肖像 | Comments(1)

初釜にて —初雪—

a0095010_2259925.jpg

※画像をクリックして見てください。大きくなります。

 やっと更新できました…。着物の姿絵ということで、『お茶の先生の初釜にお呼ばれした高校生のお坊ちゃん』の図。
 一月最初に行うことは、みんな“初”が付きますね、なので、京極堂さんに触発されて渋い壮年のオジサンを描きたかったのですが、初々しく若い男の子(←なにやらヤラシイひびき…)にしてみました。
 髪形が、明治に入って断髪したばかりの武家の息子(?)みたい…。家人に「顔に魅力がない」と言われました〜。ちくしょ〜! 屈託ない男の子は明る過ぎて魅力がないのか、画力がないのか…(こっちでしょうね) まあ、着物がメインだからお許しいただきましょう(言い訳)。
 男性の着物というとすぐ思い浮かぶのは大島紬ですが、どんなに高価でも大島で茶会に出る人はいませんものね。正式な場だと色無地ですが、つまらないので小紋柄にしてみました。普通こんなに大きな柄のはないと思いますが、絵に描くには大きくしないと分からないので大胆に。周防色とか、もっと奇抜な色にしたかったのですが、“笑点”みたいになりそうなので止めました。
 男性が着物を着ると、何故かなで肩に見えるんですよね。「魍魎の箱」の京極堂(堤真一)さんも、あんな立派な体躯ですが、なで肩に見えたな〜。でもすっごく格好良かったです。
 着物絵はしばらく続きます。次は若者か親爺か、今のところ未定です。

 さて、今回はイラストだけでなく、BL感想文もやっちゃいましょう。
 私の二大好物が楽しめる、桜木やや先生の『コイ茶のお作法』(1)〜(4)です。

コイ茶のお作法 (1)
桜城 やや / / 角川書店
スコア選択: ★★★★★

My Favorite comics

 あるところに、徳丸円(まどか)、和(なごみ)という仲の良い兄妹がおりました。元気が余ってすぐ物を壊す兄に業を煮やした妹は「落ち着きってものを学んでもらうわ!」と、強引に茶道部へ入れてしまいます。
 家元の息子という部長の蓮根は徳丸と同じクラスですが、話した事はありません。教室ではボーッとしているのに、茶室では別人のように厳しい蓮根に作法をたたき込まれます。仕方なく始まった関係ですが、互いの性格が分かってくると「こういうのも悪くないか」なんて思う徳丸。
 何とか形になってはきたたものの、文化祭の日に事件が起こって…。

続きを読む(ネタバレあり)
[PR]
by apodeco | 2008-01-26 19:03 | 着物姿絵 | Comments(0)

新年のごあいさつ

a0095010_2381078.jpg
明けましておめでとうございます。
 2008年です。昨年の3月からブログをはじめまして、なんとか新しい年を迎えることができましたが、反省としては私事で手一杯になり、秋から更新が滞ったことでしょうか。そのことを踏まえて今年の目標は“自分の時間をコントロールする”ことです。
 でもこれ、子どもの頃からず〜と思っていることなんですよ。生きられる時間は人それぞれですが、『一日の時間』だけはどんな人にも平等に24時間ですもの、自分次第で濃くも薄くも生きられるわけですが、これがなかなか難しいですよね〜。
 人生すでに折り返し(汗)。時間を上手く配分し、やりたいことをやり抜きたい。さあ、頑張りましょう。

 さて、年末に12月31日までという映画の招待券をいただきまして、慌てて見に行きましたのが『魍魎の箱』。面白かったです。関口の役が椎名桔平さんになっていますが、他は前作と変わらぬ配役です。堤真一さんの京極堂が(ちょっとコミカルなんですが)格好いいこと! 着物姿に惚れぼれしてしまいました。宮藤官九郎さんもスーツ姿の薄い胸板がなんとも中性的で不気味な感じで良かったです。
 私は学ランが好物ですが、その次に着物がくるのですよ。自分で着るのも勿論ですが、男性の着物姿を見ると「日本人で良かった〜!!」とつくづく思います。特にね、後ろ姿の腰の辺りが、もう堪りません。着物姿の男性を見かけたら、腰の辺り注目ですよ、皆さま…。新年早々、煩悩が膨らんでおります。
 『魍魎の箱』は、原作を読んでから感想と挿絵に挑戦してみたいですね。ちょっと感化されてしまいまして、着物姿をシリーズで描こうかな〜と思っています。

 今年もゆっくりペースの更新ですが、気長にお付き合いくださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by apodeco | 2008-01-01 23:15 | よろず感想文 | Comments(0)