<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

28日にお休みを頂いて、根津神社のつつじ祭(5月6日まで開催中)へ行って来ました。

a0095010_14563922.jpg

拝殿前の楼門(重要文化財)

a0095010_14563782.jpg

やっぱりとっても混んでまして、つつじ苑(約100種3000株のつつじが楽しめます。お祭り期間は入場料200円要)を散策するにも行列ですし、本殿の参拝するにも行列だったので遠くからささっとお参りして、「干支の身代わりさん」(自分の生まれ年の干支の鈴を持ち帰ると、その年一年の厄災をかわりに負ってくれる厄よけの鈴)を返して、腸閉塞にならないように新しい身代わりさんを購入(運動するより神頼み…)

a0095010_14560306.jpg

右が申年の身代わりさんです。軽くショックを覚えるようなお顔ですが、見慣れると可愛く思えます。左は豪徳寺(世田谷区)の招き猫(二号)さんです。近々こちらにもお座布団をご用意する予定。

目的は済ませたので早々に根津神社を辞して、古い町並みの風情を楽しみながら、ご近所の東京大学へ向かいました。
本郷は歴史のある町ですから、そこかしこに文化財とかあるんですよ。根津神社のご近所のこちらの教会もその一つ。

a0095010_14563472.jpg

根津教会です。大正8年に建てられた日本基督教団(プロテスタント系)の教会です。平成13年に登録有形文化財に登録されたそうですよ。
ちなみに、本家BLサイトで牧師の息子×坊主の息子の話を書いたのですが、その牧師の息子がいた教会はこちらがモデルでございます。門のアーチにかかったランタンとバラの花がよい雰囲気でした(門の奥は牧師館だと思われます)。
この教会を過ぎて根津小学校を更に進み(余談ですが、途中に爬虫類愛好会という看板の出た古〜い民家があります。飼ってるだけだと思うけど、なんの団体なのか謎)、事問(こととい)通りに出て坂道を上って行きますと、本郷通りに出ます。そこを左へ曲がって『本郷三丁目』駅に向かって進むと東京大学の正門、更に進むと赤門があるんですが、安田講堂へ行くには赤門ではなく正門から入ります。

a0095010_14562726.jpg

こちらも登録有形文化財なんですね。ただいま工事中でこんなお姿ですが。
さて、何しに東京大学へ行ったかと言うと、学食にお昼を食べに行ったんです。
この写真を撮った丁度この場所の地下に、中央食堂という大きな食堂があるんです。
東京大学の中にはたくさん食堂があって、安くておいしいと評判です。
(スターバックスやドドール、ローソンも有り。ATMもあるし、郵便局もある〜)
東大の学生だけでなく一般の方も利用可能なんですよ。但し、12〜13時はご遠慮くださいとの事。そりゃそうですよね。メニューには限りがありますから、学生が「今日の昼飯は絶対カツ丼!」と思って行ったら、一般人に食われて売り切れだったなんて申し訳ないですもんね。
私はレギュラーカレー(250円)と男爵コロッケ(100円)とマカロニサラダ(80円)を単品で注文。ハヤシライスセット(410円)の方がお得なんですが、コロッケが食べたかったので。ここの名物は、赤門ラーメンという麻婆あんをかけた汁無し麺なんですが、辛そうだったので断念。
そして、残念ながら写真もありません。カレーの色味がすっごく美味しくなさそうだったのと、さすがに写メするのが恥ずかしかったから。でも、食べたら全部美味しかったです!!!
連れは「近所だったら三日に一度は通う」と言ってましたが、実際、近所のおじいさん風のご老人が一杯いました。

このあと購買部に寄って、東京大学チョコレート東京大学饅頭東京大学クッキー、東京大学ロゴ入りの体操着やら万年筆(誰が使うんだろう?)を眺めたあと、銀杏メトロ食堂でコーヒーとケーキを頂きました。


a0095010_14562940.jpg

食堂の入り口にはこの看板が出てます。
こちらはカツカレーが美味しいそうですよ。ソフトクリームなんかもありました。注文したのはケーキセット(コーヒーか紅茶と各種ケーキが選べる)200円です。安い! そして、お値段通りのお味でした。(コーヒーはコンビニの方が美味しい…ごめんなさい)
余談ですが、こちら法文2号館にあるのですが女子トイレが使えないようで、前側の法文1号館のをお借りしました。建物の古さを考えると、とても奇麗だと思うのですが…。
2010年もあと少し。萌の吐き納めといきましょう 〜その1〜 でご紹介した『大倉山記念館』もそうなんですが、古い建物のトイレって、どうしてあんなに無駄に広いんでしょうかね。汚いというより、恐いんですわ。私が学生だったら(あり得ないけど)黄昏時以降は我慢しちゃいそう。


この二つの食堂の他お高めでお洒落系では、日比谷松本楼(工学部2号館)や、山上会館の上にあるレストラン(夏目漱石の『三四郎』で三四郎がぶっ込まれた…とされる “ 三四郎池 ” の側)や、医学部研究棟にはイタリアンがあるそうです。

土日の利用は出来ない所もありますので、事前に調べてから行かれた方がよろしいかと思います。あくまで大学の中なので、学生のお邪魔にならないように利用しましょう。


ちなみに、5月17〜18日に五月祭(学園祭)がありますよ。

日本の最高学府がどんな所か、どんな学生がいるのか(私的にはいまいち萌が少なかったけど)興味のある方は、ぜひ覗きに行かれては如何でしょうか。



[PR]
by apodeco | 2014-04-29 18:09 | 散文 | Comments(0)

本当は先週『腸閉塞』について書こうと思っていたのですが、書く時間がとれずヌードクロッキー会の日を迎えてしまったので、今回はこのクロッキー会のレポートです。

さて、なんで私がこのヌードクロッキー会に参加したのか…と申しますと、初心にかえろうと思ったからです。
もともと、このブログはお絵描き発表の場として始めたんですが、最近はとんと描いておりませんでした。描かない理由は『下手だから』。もうね、下手だな〜と思うと途中で嫌になっちゃうんですよ。
それで、ほとんど読書感想ブログと化していた訳ですが、前回書きましたとおり、人生いつ何が起きるかわからないので、『死ぬまでにやっておきたい事』として、『同人活動の集大成としてBL漫画を描きたい!(漫画は無理でも絡みの耽美イラスト描きたい!)』→『絵の勉強をしなくちゃ!』となった訳です。
もっちろん、男性モデルさんオンリーヌードクロッキー会だったから、というのが大きいですが…。

こちらの勉強会はツイッターで見つけました。
講師は甲秀樹先生です。男性(のみ)を描く画家であり、人形作家でもいらっしゃいます。絵はもちろんお人形も超好みで、是非参加したいと思いました。
場所は渋谷にあるポスターハリスギャラリー。参加者は25名ほど。男性女性半々くらいでしでしょうか、初心者から美大生まで年齢もまちまちでしたが、ヌードですので18歳以上の方のみです。
モデルは全部で4名。全員若〜い男性で、3名が細身(といってもちゃんと筋肉がついてる人ばかり)、1名がマッチョ(ボディビル&ダンス&お笑いをしているという、ユニークな人)でした。
まず先生の自己紹介があり、クロッキーについてレジュメを使った説明を受けたあと、早々にクロッキーに入りました。
私はイラストを描いていると言っても、デッサンを習った事もありませんし、クロッキーなんて中学校の美術の授業以来です。心配だったので事前に初心者でも大丈夫との確認を取っていても、すごい緊張しながら10分間のクロッキーを2回描く間、先生が個別に指導して回ってくださり、「できるだけ余分な線をなくし、迷わず線を引く」事と、「上手く描こうとしない」とのご指摘を受けました。
結構スパルタで、2時間半の間に5分休憩が2回とおトイレ休憩が2回の他は、5分間と3分間のクロッキーを12ポーズ、最後に15分間の2名絡みを1ポーズと、目一杯描かされました。私の集中力は2時間しか保たないので、最後は目がしばしばしてかなり辛かったです。
もうね、身体の形をとらえるのが精一杯で、筋肉のつき方がどうの、立体感がどうの、モデルさんの特徴を出すだの生きた線がどうの…なんて無理。
なにせ、↓こんな感じですもん。

a0095010_20323271.jpg

「なぞりは駄目よ、生き生きとした線を描かなきゃ!」
という説明もあったんですが、初心者には無理な話…でも、一番初めのぐちゃぐちゃした線は取れて、最後の4ポーズは描くのがとっても楽しかったです。特に背中とお尻のラインから足。お尻と足を描いてるときは、脳内でα波出てるわ〜〜と自分でもわかるくらいで、とっても楽しく描けました。
4人の身体を描いてて思ったのは、ついてるもんは同じでも、身体の出来方がぜ〜んぜん違うって事です。当たり前なんですが、「人間って、唯一無二なのね〜」と改めて感じました。いや〜、人体ってホント素晴らしい。
そして面白い事に、今回が特別なのか分かりませんが、終了後にモデルの一人で役者志望の方の詩の朗読がありまして、こちらもとても良かったです。そのあと、希望者さんへの批評と説明が続き、最後に自由参加の懇親会(有料ですが、お酒やソフトドリンクが頂ける)もあったりして、大変盛りだくさんなワークショップでした。

このクロッキー会は、定期的に催される訳ではないようですが、興味のある方は絵楽塾で検索してみてくださいませ。



[PR]
by apodeco | 2014-04-14 00:01 | 男絵 | Comments(0)

季節はどんどん移り変わっていきますね〜。
2月は雪、一ヶ月おいて4月は春爛漫、桜の見頃を迎えました。

a0095010_13524458.jpg

a0095010_13530858.jpg

a0095010_13533468.jpg

新しいお仕事をはじめて半年、ようやく有給休暇がついたので本日はお休みを頂き、通院の帰りに近所のお花見スポットを散策して来ました。
今の住まいは遠出をしなくても桜を楽しめる場所があるので有り難いです。いや〜、今年も桜を眺められて良かった…とつくづく感じました。

さて、退院してから約3ヶ月ほど経ちまして、お腹の調子は概ね良好です。以前のように、一週間のうち半分はお腹壊していた状態から比べたら非常にイイ感じ。
時々お腹の傷口が痛むのと、一日一度きちんと排便できなかったりすると、次のお通じの時にちょっと経験した事ないような(故に上手く説明できない)痛みを感じる時がありますので、まだまだ漢方薬(大建中湯・便秘に効く薬)は必需品です。
便秘ではないんですが、とにかく詰まらせないようにしないと! 何故なら、退院する時にお医者さんから「また、なるよ…」と呪いのように何度も言われたんですよね…。
恐いですよ〜〜、本当に辛かったんです、この病気。見舞いに来てくれた叔母に、世田谷の豪徳寺の招き猫さんは「本当にご利益あったよ」と聞いた途端、願掛けしに行っちゃいましたからねー。もう絶対、なりたくないです。
そんなツラ〜イ入院の模様を、こちらでセキララに綴っちゃおうと思っていたんですが、語って聞かせた相手の口元がみんな “ への字 ” になっちゃうので、次回は腸閉塞について、よく聞かれた事をまとめて “ オブラートに包んで ” 書こうかなと思っています。

でね、実はここからが本題なんですが…
この病気で「死んじゃう!」と思った事はないんですが(二度目ですし)、人間いつ何があるかわからないので、『やりたい事は何でもやっておこう!』という思いを新たにしましたのよ。そこで…

【やりたかった事、その1】
こちらの住まいになってから、ずーっと飼いたかった猫を飼う事にしましたので、ご紹介します。

a0095010_14033508.jpg
チャイ(♂)

a0095010_14032555.jpg
マル(♀)


八ヶ月の兄妹猫です。
これからこちらの二匹の話題も増えると思いますので、どうぞお見知りおきくださいませ。元気いっぱいで色々とやらかしてくれます。大変ですね〜生き物は。でも、二匹とも、とても人なつこくてスリスリ甘えてくれるのでとても可愛いです。

【やりたかった事、その2】
4月12日に男性ヌードデッサン会に参加して来ます!
こちらの模様はセキララにご報告したいと思いますので、お楽しみに!!


[PR]
by apodeco | 2014-04-01 16:05 | 散文 | Comments(0)