<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お久しぶりでございます。前回の更新からすっかり年が改まってしまいましたね(汗)。
さて、9ヶ月ものあいだ何をしていたかというと、昨年の6月から『ヌードクロッキー会&ワークショップに参加してきました。』の回でご紹介した、甲秀樹先生のデッサン教室で絵の勉強をしたり、並行して人形作家の清水真理先生の人形教室~アトリエ果樹園~で球体関節人形を作ったりしていました。
どちらもまだお勉強の途中で見せられる作品もなかった上、リア充しすぎて書く時間がとれない(&体力なくていっぱいいっぱい)状態でしたが、これではイカーンと気持ちを改めまして、今回は甲先生のお人形展のレポートを致します。

まず、甲秀樹先生のプロフィールをご紹介します。
甲 秀樹(kou hideki) 画家・人形作家。
1998年より少年や青年を中心に描く絵画活動を始める。
雑誌「薔薇族」の表紙絵を約3年担当。(当時の表紙アートディレクションは宇野亜喜良)
2000年に初個展開催。以後、個展・グループ展多数。
2004年より人形作家としても活躍。
ポスターハリスギャラリーさんのHPより引用させて頂きました。(ちなみにデッサン教室はポスターハリスギャラリーさんで行われております。ショップでは寺山修司さん関連の商品や、宇野亜喜良さんのグッズなど購入できますよ)
※ご注意:デッサン教室に関するお問い合わせは絵楽塾事務局へお願いします。ギャラリーさんではお答えできません。

毎年この時期は人形展を開いておられまして、今回の個展は『REAL ーリアルー 甲秀樹 人形展』と題して1月16日(金)〜24日(土)まで開催しております。
(時間/11:00〜19:00 ※最終日は17:00まで)

a0095010_21255549.jpg

こちらが案内はがき。
場所は銀座一丁目にあります画廊スパンアートギャラリー。有楽町線『銀座一丁目駅』4番出口を出てすぐ目の前です。水色に白いSAgalleryのロゴが目印。
画廊って、慣れないと入るのに勇気がいりますよね〜。何故かドキドキします…私だけかしら?
でも、臆せず扉を開けましょう。開けば素敵な少年たち(だけじゃないけど)と出会えます。どんな少年たちが待っているかというと…

a0095010_2294139.jpg

麗しいですね〜。特に肌が美しいと思いませんか?
この透明な肌の質感が、甲先生のお人形の特徴だと思います。スマホのカメラでは捉え切れませんでしたが、青い毛細血管が皮膚の下に透けて見えるように描かれているんですよ!
もうね、本当にリアルで、触れたら暖かくて柔らかいのじゃないかと思ってしまいます。
そして、人形だけじゃなくエロスの羽はもちろんの事、頭の飾りや矢羽根、獅子頭や箱も全て手作りだそうです! 

a0095010_2241839.jpg

獅子頭、見事です〜、工芸品みたい。足の筋肉のつき方とかすごいでしょう? 立体ですから当たり前ですが、角度を変えると顔つきも雰囲気も違って見えますね。


a0095010_2138816.jpg

ギャラリー内部の様子。
絵画作品もございます。私の好きな『早春譜』という作品も!
この奥の方へ進むと、美しいだけじゃない、色んな意味でまさにリアルな、想像を掻き立ててくれる(いつまでもしげしげと眺めちゃうような)作品があって…。
是非ぜひ、実物を間近でご覧になって、REALを実感してくださいませ。
※画像は全てブログ掲載のため許可を頂いて撮影しました。

次回は甲先生のデッサン教室についてレポート致しますねー(拙いデッサンを晒すのは勇気がいりますが…)。

【告知に一役!】
デッサン教室【絵楽塾】では、
1/24、2/14、2/28、3/14、いずれも(土)の4回、粘土授業の参加者(18歳以上の方に限ります)募集中です。5名程(先着)だそうですので、「これは!」と思われた方はお早目に絵楽塾HPからお申し込みください。
[PR]
by apodeco | 2015-01-18 23:47 | ご紹介 | Comments(0)