タグ:イラスト ( 25 ) タグの人気記事

『梅雨の晴れ間』挿絵

a0095010_23584940.jpg

※イラストをクリックして見てください。

 残暑でございます。お盆でございます。暑いですねぇ。
 お体に気をつけて、お休みを満喫いたしましょう。
 残暑に梅雨もないもんだ!って感じですが、やっと仕上げましたので、アップいたします。
 ここのブログのメインはイラストでございますので、描けたら載せる。頑張れ自分。
 ちょっと涼しげに青くしてみました。浮世絵風(どこがだ〜)。
 下の方へスクロールしていただくと出てきますが、『にらめっこ』の挿絵と対になっています。比べて見てください。
 もう少ししたらイラストとお話をセットにして、ブログ内の整理をしようと思います。

 お盆の時期は好きでもないのに、やっぱり幽霊が気になります。怖い話が聞きたくなります。聞けばトイレに行けなくなるのに。
 今のトイレは綺麗で明るいですが、私の生まれた家は手前に“あさがお”って男性用便器、扉で仕切ったその奥に和式の便器がありました。扉の壁、天井近くの30センチ四方を空けて両方を照らすように電気が灯っていましたが、暗いこと暗いこと。20ワットですよ。何故明るくしないかというと「明るくしたら汚すぎて入れない」と親は言っておりました。(なにせ戦前から建ってた家なので)
 でも私が怖かったのは暗いことよりも、和式便器の前にあった掃き出し窓(で良いのでしょうか?)のガラス戸が怖かったです。だって〜、そこから手とか出てきそうなんだもの。鍵なんてないし、そりゃあ、そこから人間は入れませんよ。(動物は入れると思うけど)でも腕なら充分通るんですよ。
 私が四つ位の時に、父がクリスマス用の樅の木を買ってきたんです。生木です。生きてますから、捨てるに忍びなく正月前にトイレの前に植えやがったんです〜。北西の方角であまり日が当たりませんが風通しの良い場所だったらしく、すくすく成長してその和式の掃き出し窓から枝が入ってくるんです。真夏の丑三つ時にトイレに行って、風なんか吹いていたりしようものなら「ぱん、ぱん」って枝がガラス戸を叩くんですよ〜。
 あの頃もしも映画『リング』なんて見たりしたら、例え翌朝おねしょで怒られようと、絶対トイレには行かなかったと思います。
 なんでトイレの話を力説しているんでしょう? おお、怖い話ですね。
 今は明るいトイレで、安心して怖い話を楽しむことが出来ます。
[PR]
by apodeco | 2007-08-11 00:42 | 散文 | Comments(4)

a0095010_2354855.jpg

※イラストをクリックして見てください。

 今週はぽっかり時間ができたので、ガンガン、ブログを更新しています。
 他にもやることあるのにね、つい楽しくて。
 久しぶりに、斉藤和義さんの『FIRE DOG』を聞きまして、「やっぱりいいな〜」と聞き入ってしまいました。お勧めです。是非、聞いてみてくださいね。
 「通りに立てば」を聞いていて、ついムラムラっとして描いちゃいました。(「砂漠に赤い花」と迷いましたが、こちらにしました)
 夏らしい出来になりましたので、暑中見舞いにしてみました。梅雨明け以来、暑いは、台風だわで大変です。皆さま、お体ご自愛くださいませ。
 この後は、しばらくゆっくりペースで進みたいと思います。感想文はぱかぱかいけそうですが、書いたり色塗ったりは、まとまってからの更新にしようと思います。
 よろしくお付き合いくださいませ。
[PR]
by apodeco | 2007-08-04 00:18 | 男絵 | Comments(0)

朝比奈写真館にて

a0095010_220517.jpg

※イラストをクリックして見てください。

 『紫雲、棚引けば—庚申塚高校物語—』の主人公、三人のイラストです。
 左から岡田克巳、飯島薫、朝比奈潤次です。
 潤次の家の写真館で高校入学の記念に写したもの、という設定で描いてみました。
 三人の顔は、お話を読まれた方の印象と同じでしょうか? それとも随分違ったものでしょうか?(三人とも女顔。相変わらず、男顔が描けません・涙)
 私の子どもの頃は、何かの記念といえば、こうして写真館へ足を運んで家族写真を撮ったものです。写真は記録ですから、写真を見ると過去の自分の姿だけでなく、その時代のこと、自分の置かれていた状況なども思い出して、しばし見入ってしまいます。
 私は定期入れの中に、恋人の写真ならぬ、父の写真を入れています。これを聞いた人は大抵驚きますが、父の18歳の頃の写真だと言って見せると、なるほどと理解してくれます。
 苫小牧の写真館で高校卒業の時に撮ったもので、卒業してそれぞれ別の道を行く仲の良い友人と、別れの記念に交換したのだそうです。
 詰め襟姿で椅子に座り、卒業アルバムを開いてこちらを見ている18歳の青年を、はじめて見た時は父だと思いませんでしたよ。顔が違いすぎましたから(笑)
 18歳の父は、この時何を考えて、これからどうなると思っていたのでしょうか? もう半世紀以上も前のことです。
 若く、希望に満ちた晴れやかな顔は、いつ見ても私の想像を掻き立ててくれます。

 岡田くんのお話を書いていますが、とてもなが〜い話になってしまった上に、少し取材をしないと書けないところもあって、もう少し時間がかかりそうです。なので、みんなのクラブ活動について短いお話か、四コマ漫画が描ければいいな、と考えています。
 後、オジさんキャラが描きたいです。うずうず。(描けるかな〜?)
 
 最近『書く』ことに目覚めたばかりなので、ネットで読むのと紙で読むことの違いとか、表記の仕方とか勉強することが多く大変です。紙媒体世代なので、ついだらだらと繋げてしまいますが、ネット上では読みにくいですね。反省。
 アップしたものも、少しずつ修正したいと思います。
[PR]
by apodeco | 2007-07-23 22:23 | 学ラン通信 | Comments(0)

a0095010_22295730.jpg

※イラストをクリックして見てください。

台風のおかげで予定がずれた為、空いた時間で仕上げてしまいました。
いつもはケント紙にトレースして描くのですが、下絵に直描きしました。かなり雑。
『にらめっこ』という言葉のイメージとはちょっと離れた感じですが、最初の予定になかった「眼鏡の彼」の話を書いたので、そちらとセットになっています。
月刊誌の2色刷りのイメージで。ちょっとチープな感じですね。
下はいつものモノクロ。
PCで作業をするのは、こういうとき便利だなと思います。
ペンをしばらく触っていなかったので、線がれろれろ…。私は眼鏡を描くのが苦手です。この「眼鏡の彼」の顔、でかっ! 額が広すぎる? 笑ってるというか、顔が曲がってるかんじです(泣)
またしても恥ずかしさを押してのアップで〜す。
a0095010_2245397.jpg

[PR]
by apodeco | 2007-07-16 22:58 | 散文 | Comments(0)

ボジーの憂鬱

a0095010_1403524.jpg

※イラストをクリックして見てください。

ボジーの愛称で呼ばれるアルフレッド・ダグラス(Lord Alfred Douglas 1870-1945)はオスカー・ワイルドの恋人のひとりでした。ワイルドを奈落の底に突き落とす原因になった人ではありますが、ワイルドに美と創作の天啓を与えたことは確かなようです。
大層美しい人で、『トーマの心臓』のユーリではないけれど“聖堂の絵のような顔”は、ワイルドでなくても心を動かされるものがあります。
こうした芸術家にとっての美の女神を『運命の女(Femme fatale )—ファム・ファタール—』といいますが、ワイルドにとってボジーはまさに“運命の人”だったのかもしれません。
美の女神であり同時に破滅に導く誘惑者。ゲーテの『ファウスト』に出てくる“メフィストフェレス”は悪魔らしい醜い姿のようですが、私の頭の中の誘惑者“メフィストフェレス”は、このボジーのような美しい姿だったのでは?と想像してしまいました。
資料は以前コメントでも紹介いたしましたサイト「Oscar Wilde 〜最初の現代人〜」で拝見したものです。
ワイルドについて詳しく知りたい方には是非お勧めいたします。

ポイント…口元。(筆で濃淡つけてみました)
「憂鬱な物思いに耽るボジー」というイメージで描いてみました。
不快な物思いについ口元がへの字になってしまった、そんな感じが出せたでしょうか?
はっきり言って実物はもっと美形です(泣)。かなり若い時(十代?)のプライベートスナップを元にしましたが、もう少し青年にしてみました。
バック(壁紙のつもり)の花は薔薇ではなく“くちなし”です。
今の時期、白い花が美しく甘い良い香りがしていますね。でも枯れた姿は黄色く変色してそのまま朽ちていくのが何とも醜悪で、美の末路を見るようです。

今度、カラーインクに挑戦しようと、筆に慣れるため墨で濃淡つけてみましたが…。
グラデーション失敗していますね…。すぐ乾いちゃうし、色は濃いし、難しいですね。
練習あるのみ! 頑張れ、自分!
[PR]
by apodeco | 2007-07-07 14:12 | 肖像 | Comments(0)

夢想するオスカー

a0095010_23273589.jpg

※イラストをクリックして見てください。

オスカー・ワイルド(1854-1900)は日本でよく知られた作家ですが、
私は2、3冊しか読んでいません。彼の書く小説よりも彼そのものに興味があります。
美的冒険者、批評家、伊達男、男色家。時代の寵児でありながら、男色家であったがために晩年は不遇のまま生涯を閉じたそうです。
イラストの元にした写真は、ナポレオン・サロニー(1821-1896)が撮影した有名な写真です。
1882年に若き日のワイルドが、アメリカへ講演に行った際に撮った写真だそうです。
ワイルドという人を今日に伝える優れた肖像写真だと思います。

ポイント…瞳にご注目
人を食ったような皮肉屋さんだったのかな…という印象のワイルドですが、
想像の世界に遊ぶ、夢見るような表情にしてみました。
しかし、お洋服が失敗〜。写真ではファー付きのコートを着ているのですが、
ファーに見えない〜(><;)。これだと白の羊毛みたい…。
モノクロですが、恐らく焦茶色の毛足の短いファーではないかと思います。
質感を出すって難しいです。
[PR]
by apodeco | 2007-05-21 23:59 | 肖像 | Comments(2)

Color

a0095010_2243386.jpg

※イラストをクリックして見てください。

初カラー絵です。(正確には初絵は『再応』サイト様の頂き物へ進呈)タブレットで挑戦してみました。
えんぴつの線を活かして淡い感じにしたかったのですが…うお〜恥ずかしい〜。
描いて上達!ということで、色や塗り方はともかく、やっぱり同じ顔描けません。

左の子は「学ラン愛好家」で描いた佐々木くんのつもりですが、顔ちゃうやん。
a0095010_20434914.jpg下絵は似ていると思うのですが、ペンを入れたら別人に(;_;)。

右の子はひたすら可愛い子にしようと思って描きましたが、それにしても女の子ですねこれじゃあ…。
昔はひたすら可愛い砂糖菓子みたいな女の子を描くのが好きで、男の子を描くようになったのはつい最近のこと。やっぱり女の子になってしまいます。
できれば山田ユギ先生(大好きなんですよ、絵も話も)のような格好良い大人の男が描きたいのですが、このままだと『砂糖菓子のようなオヤジ』絵が出来てしまうかも…こわっ!!

a0095010_20314795.jpgバナーもつくってみました。小さくするのって難しいですね。

トリミングに苦労しました。字がちっちゃ〜い。
つくっただけで意味はありません…。欲しい方はどうぞご自由にお持ち帰りください。
[PR]
by apodeco | 2007-05-05 20:54 | 学ラン通信 | Comments(0)

学ラン愛好家

a0095010_13142514.jpg

※イラストをクリックして見てください。

フェチと書きたいところですが、学ランに欲情するわけではありませんので
愛好家(笑)。
ただ見てるのが好きなんです。なんたって、初恋の人が学ラン姿の篠田三郎さん(俳優)なんです。
かれこれ30数年前、幼稚園児だった私はいったい何のドラマでその姿を見たのか覚えていないのですが、網膜に凛々しい詰め襟姿の篠田さんが今でもくっきり浮かんできます。もちろん「ウルトラマンタロウ」の篠田さんも格好良かったですが、やっぱり学ラン姿が一番です。
それ以来の学ラン愛好歴です。最近は学ランの学校が減ってしまって、なかなか見る機会も少なくなってしまいましたね。

現実の生活の中では、隣の家のお兄ちゃん(愛称:ひーちゃん)の学ラン姿に萌えておりました。当時の公立中学校の男子生徒の制服は、ほとんど詰め襟だったと記憶しています。しかも学帽つき。七つ年上だったひーちゃんは、学校帰りに家の前で遊んでいる私を見かけると被っていた学帽を片手でちょっと持ち上げて「ただいま」と挨拶してくれました。そりゃあもう、格好良いのなんのって…、鼻血吹きそうなほどでしたよ。
そんな訳で、イラストの彼は隣のひーちゃんを思い出しながら描いてみました。彼にはこれから『学ラン通信』の中で何度か登場して貰おうと思っています。
なにしろ私の“憧れの君”なのですから。
小説や漫画を描く訳ではありませんが、彼やその仲間たちに疑似高校生活を送ってもらおうかなと考えています。

“憧れの君”:佐々木則行(ささき のりゆき)17歳。都立高校2年生。
1968年5月11日生まれ。牡牛座。血液型O型。身長187cm。体重70kg。
父(警察官・刑事課勤務)と母(専業主婦)、妹(14歳。中学2年生)と弟(10歳。小学校4年生)の5人家族。2LDKの公舎暮らし。
成績は中の上、妹が私立高校へ進学希望のため漠然と就職→独立を考えている。父の仕事には興味がない。
顔は母親似の柔らかい面差しをしているが、性格は父親似。無口で頑固。一旦腹を決めると思い切りが良い。あまり物にこだわらず、深く悩まない性格(羨ましい)。
子どもの頃から続けている剣道は七段。剣道部には所属していないが試合にかり出される。父の郷里の友人である山岳警備隊員(故人)の影響で登山をはじめる。山岳部所属。
今一番気になること…同級生の飯島薫(いいじま かおる:次回の『学ラン通信』でご紹介)。ついつい眺めてしまう。

↑すごい妄想(笑)。
私のお友達の中にはお父さんが警察官という人はいませんでしたが、姉の同級生のお父さんが上記のような刑事課にお勤めの警察官でした。母の話では「太陽にほえろ」のテキサス(勝野洋)をもっと強面にした感じで、服装はどちらかというとロッキー(木之元亮)だったとか(笑)。
[PR]
by apodeco | 2007-04-30 13:30 | 学ラン通信 | Comments(6)

カセットテープ

a0095010_1312837.jpg


『苦笑い』の中で“せかちゅう”の頃だと思って…と書きましたが、私はその「朔太郎」と同時代の人間なので映画を見ながら懐かしくなりました。
今の人はアレ見てどう思ったのでしょう?
映画の中でウォークマンが効果的に使われていましたが、あの頃の若者に音楽とカセットテープは本当に大切なものでした。
村田和人が「一本の〜音楽が〜♪」と歌い、山下達郎が「RIDE ON TIME〜♪」と腕を振り上げた(恐らくご本人登場の最初で最後の)CMが懐かしいですよ(笑)。
ラジオ英会話を録音するのも、さだまさしのセイヤングを録るのもカセットテープ。
私にとって、ラジオと音楽とカセットテープは必需品でした。
そんな音楽テープをいつでも聞けるとあって、ウォークマンが出た当初は画期的!と思いましたが、今や携帯で音楽聞く時代ですものね…。

そんな訳で、大好きな曲を入れたカセットテープには、こんなラベルを作っていたんです。この頃、姉の影響で杉真理(すぎ まさみち)さんが大好きで、似顔絵風に作ってみたんですね。
ウン十年前の私の絵です。目の描き方に特徴あり?
くらもちふさこさんが好きでしたから、ちょっと影響されてますかね…。
先生の漫画「いろはにこんぺいと」は、私の卒業した高校がモデルだと思います。
手に取る機会があれば是非どうぞ。せかちゅうの頃ってこんな感じです。
[PR]
by apodeco | 2007-04-24 02:27 | 昔ばなし | Comments(4)

『苦笑い』

a0095010_23313613.jpg

※イラストをクリックして見てください。

昔、私が漫画家になれないと思った理由の一つが、同じ絵が描けないことでした。
最近なんとか同じ顔が描けるようになりましたが、要は練習あるのみだったんですね(笑:単なる根性なしでした)。
練習のために何度が同じキャラクターを描くなら、細かい性格設定をした方が自然と笑ったり怒ったりしてくれそうで描いていても楽しいので、ちょっと考えました。
特にお話を書いたり、漫画を描いたりする訳じゃないですが…(笑)。

上記メガネ男子:川村和人(かわむら かずひと)
1958年12月1日生まれ。27歳(注:今から22年前の設定/せかちゅうと同時代と思って!)。AB型。射手座。ゲイ。彼氏あり。趣味:読書、メンマンウォッチング。好きな食べ物:飯寿し(北海道の人に聞いてみよう!←私は食べられません)
某都立高校、現国教諭。生物部顧問。理科系教師が爺で部活動指導を放棄したため、一番若いという理由で押し付けられた。はじめは嫌々だったが、国・数・英教諭には与えられない教科準備室の利用許可と理科助手の古森くん(夜学の現役理科大生:好みの顔だった)が気に入って引き受けた。
放課後の部活動時間は生物準備室の窓からすぐ下で練習している陸上部の男子を眺めて過ごす。

ホントにこんな先生だったら怖いので、一応10代は範疇外ということで(笑)。
[PR]
by apodeco | 2007-04-18 23:07 | 学ラン通信 | Comments(6)