タグ:イラスト ( 25 ) タグの人気記事

ビアズリーに寄せて

a0095010_1362065.jpg

※イラストをクリックして見てください。

フレデリック・H・エヴァンズ(1853-1943)が撮影したオーブリー・ビアズリー(1872-1892)の肖像写真を参考に描いてみました。
同じ時に撮影されたであろう頬杖をついて視線を下げたものと、目を見開いた横顔の写真が有名です。
オーブリー・ビアズリーはオスカー・ワイルドの『サロメ』の挿し絵で知られていまが、あの繊細な美しい絵がこのなが〜い指から生み出されたのかと思うと感動して眺めてしまいます。
その手指を描きたいがための作品。
ちなみに、本物のビアズリーはみごとに切り揃えた前髪をしています。ちょっと独特な雰囲気ですね。

ぷらすあるふぁ…くちびるにご注目。
うすーいくせに、触れるとやらわかそうで、思わず「チュッ」としたくなるような『くちびる』にしてみました。雰囲気でてるかな〜?
[PR]
by apodeco | 2007-04-17 01:40 | 肖像 | Comments(4)

李歐から…吉田一彰

a0095010_23465954.jpg

※イラストをクリックして見てください。

通勤の電車の中で、高村薫さんの『李歐(りおう)』(講談社文庫)を読んでいます。ハードボイルド系? 殺人、やくざ、拳銃、殺し屋…そんな人達が出てくる小説を初めて読んだのですが、面白いです!!
感想文はまた改めて書かせていただきたいと思いますが、今回はすごく惹かれてしまった主人公「吉田一彰」のイラスト描いちゃいました。

「飄飄亮亮」(ピャオピャオリァンリァンア:ただきれいというのではなく、はっとするほどあでやかな感じ、という意味だそうです。)と表された母親によく似た顔立ちで、たいそう美しい彼を「女も男も惹きつける水銀灯」だと刑事が言います。
イラストは、クラブ「ナイトゲート」でボーイとして働く22歳の一彰のイメージ。
一彰はここで李歐と運命的な出合いをします。
この李歐「ちょっと見たことのない整った目鼻だちをしており、羨ましいほどに真っ直ぐ伸びた二本の脚、よく通るファルセットの声と黒曜石のような光沢を放つ黒目と、透き通るような白い肌を持つ」という人なのですが、そんなん描けませんがな。
私の頭の中のイメージは、韓国の俳優イ・ジュンギ。王の男に出てたイ・ジュンギじゃなくて、ザクロジュースの歌を歌うイ・ジュンギの方(分かるかな〜?)。
でも李歐は中国人なので、もっと骨太のしっかりした感じの人の方がいいのでしょうか?中国の俳優さんをよく知らないので、思いつかないの。
どなたか「この人の方がぴったりよ!」という俳優さんがいたら教えてください。
いつかは「李歐」を描いてみたいです。

a0095010_1435657.jpgドッキドキ
MAN-NERIさんのところのイ・ジュンギのイラスト(素敵なので、是非見て)に触発されて、会社のヤレ紙に走り描きしたものをそのままアップしました。
ペン入れなんて悠長なことを言っていたらいつまで経っても進まないですから…。
また改めてカラー絵に出来ればと思います。
[PR]
by apodeco | 2007-04-06 02:07 | 読書絵 | Comments(2)

素敵ブログ様、ご紹介

このブログと同じく、イラスト中心の素敵ブログ様

 MAN-NERI 様のご紹介。
↑ぽちっと、押してね!

『男絵ブログ』とのことですが、まさに男、男、男。
男前勢揃いです。
素敵ですよ〜。
私もあんな、これぞ、男!! が描きたい〜。
ぜひ、ご覧になってくださいね。

あとですね、
「みんなに、見てもらえるんじゃない?」
という先輩ブロガーのアドバイスで、ブログランキングやってみました。
よろしかったら右手メニュー、お気に入りの「人気blogランキングへ」を
ぽちっとお願いします。

これからまた、イラストがりがり頑張りたいと思います。
更新遅いですが、よろしくお願いしまーす。
[PR]
by apodeco | 2007-03-30 00:22 | ご紹介 | Comments(4)

絵を描くこと

a0095010_0443340.jpg

本当は「紙吹雪」につけようと描いたものです。
あまりの下手さに辟易して載せること事態やめようか迷いましたが、
このブログの初志貫徹しようと恥を忍んで載せてみました。

イラストを描くためのブロブなのです。
いたずら描きが溜まるばかりで、一向に最後の仕上げまで行きつかない自分を
叱咤するため人に見せることを前提にしたのですが…恥ずかしい〜。
身悶えしそうなほど。でも描かずして、上手くなりようもないので…。

とりあえず、学ランを着た子のイラストは里秋の昔ばなしを添えて、
『学ラン通信』というカテゴリーでまとめていきたいと思います。

それにしても稚拙な絵だこと。
墨だけでトーンなども使わず(本当は買うお金がない(T_T)、技もない)
しばらく描きたいと思いますが、この場合構図が命なのにね〜。
ペンの扱いもなってないし。
昔はひたすら男でも女でも美しいのもだけ描きたい!!と思いましたが、
今は老若男女問わず、泣いたり笑ったり表情豊かな人間を描きたいと思っています。
とくに、オ・ヤ・ジ。描いてみたいです(笑)
[PR]
by apodeco | 2007-03-24 00:49 | 学ラン通信 | Comments(4)

ごあいさつ

a0095010_020559.jpg

※イラストをクリックして見てください。

ようこそ、のわーる・とわーる夜話《漆黒寒冷紗的夜話》へ。

里秋の語る昔のこと、今のこと、ほんの少し明日のこと。

内容はオリジナル・イラストと読書、映画、美術など
趣味のあれこれをご紹介したいと思います。

※ご紹介する中に『BL』や『やおい』、性的表現を含むものがございます。
 冒頭に注意書きを添えますが、嫌いな方はお読みにならないで下さい。
※イラスト、文章(特に注意書きのないもの)は里秋のオリジナルであり、
 著作権は里秋に帰属するものとします。

タイトルは萩原朔太郎の詩『遺伝』の一節よりとらせていただきました。
正確な表記は“のわあある、とわあある やわあ”。当て字を振って使用しています。
言葉の響きが好きなだけで、特に意味は無いです(笑)。

それでは、また明晩お会いしましょう。
[PR]
by apodeco | 2007-03-22 01:06 | ご紹介 | Comments(2)