タグ:学ラン ( 4 ) タグの人気記事

朝比奈写真館にて

a0095010_220517.jpg

※イラストをクリックして見てください。

 『紫雲、棚引けば—庚申塚高校物語—』の主人公、三人のイラストです。
 左から岡田克巳、飯島薫、朝比奈潤次です。
 潤次の家の写真館で高校入学の記念に写したもの、という設定で描いてみました。
 三人の顔は、お話を読まれた方の印象と同じでしょうか? それとも随分違ったものでしょうか?(三人とも女顔。相変わらず、男顔が描けません・涙)
 私の子どもの頃は、何かの記念といえば、こうして写真館へ足を運んで家族写真を撮ったものです。写真は記録ですから、写真を見ると過去の自分の姿だけでなく、その時代のこと、自分の置かれていた状況なども思い出して、しばし見入ってしまいます。
 私は定期入れの中に、恋人の写真ならぬ、父の写真を入れています。これを聞いた人は大抵驚きますが、父の18歳の頃の写真だと言って見せると、なるほどと理解してくれます。
 苫小牧の写真館で高校卒業の時に撮ったもので、卒業してそれぞれ別の道を行く仲の良い友人と、別れの記念に交換したのだそうです。
 詰め襟姿で椅子に座り、卒業アルバムを開いてこちらを見ている18歳の青年を、はじめて見た時は父だと思いませんでしたよ。顔が違いすぎましたから(笑)
 18歳の父は、この時何を考えて、これからどうなると思っていたのでしょうか? もう半世紀以上も前のことです。
 若く、希望に満ちた晴れやかな顔は、いつ見ても私の想像を掻き立ててくれます。

 岡田くんのお話を書いていますが、とてもなが〜い話になってしまった上に、少し取材をしないと書けないところもあって、もう少し時間がかかりそうです。なので、みんなのクラブ活動について短いお話か、四コマ漫画が描ければいいな、と考えています。
 後、オジさんキャラが描きたいです。うずうず。(描けるかな〜?)
 
 最近『書く』ことに目覚めたばかりなので、ネットで読むのと紙で読むことの違いとか、表記の仕方とか勉強することが多く大変です。紙媒体世代なので、ついだらだらと繋げてしまいますが、ネット上では読みにくいですね。反省。
 アップしたものも、少しずつ修正したいと思います。
[PR]
by apodeco | 2007-07-23 22:23 | 学ラン通信 | Comments(0)

Color

a0095010_2243386.jpg

※イラストをクリックして見てください。

初カラー絵です。(正確には初絵は『再応』サイト様の頂き物へ進呈)タブレットで挑戦してみました。
えんぴつの線を活かして淡い感じにしたかったのですが…うお〜恥ずかしい〜。
描いて上達!ということで、色や塗り方はともかく、やっぱり同じ顔描けません。

左の子は「学ラン愛好家」で描いた佐々木くんのつもりですが、顔ちゃうやん。
a0095010_20434914.jpg下絵は似ていると思うのですが、ペンを入れたら別人に(;_;)。

右の子はひたすら可愛い子にしようと思って描きましたが、それにしても女の子ですねこれじゃあ…。
昔はひたすら可愛い砂糖菓子みたいな女の子を描くのが好きで、男の子を描くようになったのはつい最近のこと。やっぱり女の子になってしまいます。
できれば山田ユギ先生(大好きなんですよ、絵も話も)のような格好良い大人の男が描きたいのですが、このままだと『砂糖菓子のようなオヤジ』絵が出来てしまうかも…こわっ!!

a0095010_20314795.jpgバナーもつくってみました。小さくするのって難しいですね。

トリミングに苦労しました。字がちっちゃ〜い。
つくっただけで意味はありません…。欲しい方はどうぞご自由にお持ち帰りください。
[PR]
by apodeco | 2007-05-05 20:54 | 学ラン通信 | Comments(0)

学ラン愛好家

a0095010_13142514.jpg

※イラストをクリックして見てください。

フェチと書きたいところですが、学ランに欲情するわけではありませんので
愛好家(笑)。
ただ見てるのが好きなんです。なんたって、初恋の人が学ラン姿の篠田三郎さん(俳優)なんです。
かれこれ30数年前、幼稚園児だった私はいったい何のドラマでその姿を見たのか覚えていないのですが、網膜に凛々しい詰め襟姿の篠田さんが今でもくっきり浮かんできます。もちろん「ウルトラマンタロウ」の篠田さんも格好良かったですが、やっぱり学ラン姿が一番です。
それ以来の学ラン愛好歴です。最近は学ランの学校が減ってしまって、なかなか見る機会も少なくなってしまいましたね。

現実の生活の中では、隣の家のお兄ちゃん(愛称:ひーちゃん)の学ラン姿に萌えておりました。当時の公立中学校の男子生徒の制服は、ほとんど詰め襟だったと記憶しています。しかも学帽つき。七つ年上だったひーちゃんは、学校帰りに家の前で遊んでいる私を見かけると被っていた学帽を片手でちょっと持ち上げて「ただいま」と挨拶してくれました。そりゃあもう、格好良いのなんのって…、鼻血吹きそうなほどでしたよ。
そんな訳で、イラストの彼は隣のひーちゃんを思い出しながら描いてみました。彼にはこれから『学ラン通信』の中で何度か登場して貰おうと思っています。
なにしろ私の“憧れの君”なのですから。
小説や漫画を描く訳ではありませんが、彼やその仲間たちに疑似高校生活を送ってもらおうかなと考えています。

“憧れの君”:佐々木則行(ささき のりゆき)17歳。都立高校2年生。
1968年5月11日生まれ。牡牛座。血液型O型。身長187cm。体重70kg。
父(警察官・刑事課勤務)と母(専業主婦)、妹(14歳。中学2年生)と弟(10歳。小学校4年生)の5人家族。2LDKの公舎暮らし。
成績は中の上、妹が私立高校へ進学希望のため漠然と就職→独立を考えている。父の仕事には興味がない。
顔は母親似の柔らかい面差しをしているが、性格は父親似。無口で頑固。一旦腹を決めると思い切りが良い。あまり物にこだわらず、深く悩まない性格(羨ましい)。
子どもの頃から続けている剣道は七段。剣道部には所属していないが試合にかり出される。父の郷里の友人である山岳警備隊員(故人)の影響で登山をはじめる。山岳部所属。
今一番気になること…同級生の飯島薫(いいじま かおる:次回の『学ラン通信』でご紹介)。ついつい眺めてしまう。

↑すごい妄想(笑)。
私のお友達の中にはお父さんが警察官という人はいませんでしたが、姉の同級生のお父さんが上記のような刑事課にお勤めの警察官でした。母の話では「太陽にほえろ」のテキサス(勝野洋)をもっと強面にした感じで、服装はどちらかというとロッキー(木之元亮)だったとか(笑)。
[PR]
by apodeco | 2007-04-30 13:30 | 学ラン通信 | Comments(6)

絵を描くこと

a0095010_0443340.jpg

本当は「紙吹雪」につけようと描いたものです。
あまりの下手さに辟易して載せること事態やめようか迷いましたが、
このブログの初志貫徹しようと恥を忍んで載せてみました。

イラストを描くためのブロブなのです。
いたずら描きが溜まるばかりで、一向に最後の仕上げまで行きつかない自分を
叱咤するため人に見せることを前提にしたのですが…恥ずかしい〜。
身悶えしそうなほど。でも描かずして、上手くなりようもないので…。

とりあえず、学ランを着た子のイラストは里秋の昔ばなしを添えて、
『学ラン通信』というカテゴリーでまとめていきたいと思います。

それにしても稚拙な絵だこと。
墨だけでトーンなども使わず(本当は買うお金がない(T_T)、技もない)
しばらく描きたいと思いますが、この場合構図が命なのにね〜。
ペンの扱いもなってないし。
昔はひたすら男でも女でも美しいのもだけ描きたい!!と思いましたが、
今は老若男女問わず、泣いたり笑ったり表情豊かな人間を描きたいと思っています。
とくに、オ・ヤ・ジ。描いてみたいです(笑)
[PR]
by apodeco | 2007-03-24 00:49 | 学ラン通信 | Comments(4)