タグ:金田一耕助 ( 2 ) タグの人気記事

その1…漫画
獄門島 (あすかコミックスDX—金田一耕助ベスト・セレクション)
横溝 正史 / / 角川書店
ISBN : 4048535153
スコア選択: ★★★★★


 作画はJETさんです。金田一さんの漫画を描かせたら、この人でしょう。
(私が持っていたのは、ベスト・セレクションではないのですが、そちらは今、売っているか分かりません…)
 この方は、他にもいろいろ金田一シリーズを描かれていますが、特にこの
『獄門島』は絶品。
 原作にほぼ忠実で、私の中の金田一さんのイメージにぴったりなんです。
 小説が苦手な方に、お勧めです。

その2…TV—横溝正史シリーズ
 私がこんなに金田一さんが好きなのは、古谷一行さん主演の「MBS-TV横溝正史シリーズ」の影響です。
 8時には寝かされていた子どもの頃、土曜の夜だけは夜更かしを許されて、8時から「8時だよ!全員集合」9時から「Gメン'75」10時から「横溝正史シリーズ」を見るのが毎週末の楽しみでした。
 この頃にドラマ金田一=古谷一行、映画金田一=石坂浩司が私の中で定着しました。
 今見ると古谷金田一は、よく走ること走ること、推理に煮詰まると逆立ちをする若さ溢れる行動派金田一で、原作に近いかというと…?かな〜。でも若々しくて(当たり前ですが、本当に古谷一行さん若い!)格好いい金田一耕助です。
 何かの本で、横溝さんのイメージは「宇野重吉」さん(寺尾聡さんのお父さん)だったと書かれていた記憶があります。随分ちがいますよね(笑)
 エンディングの茶木みやこさんの歌(「まぼろしの人」というタイトルです)が、すごく良かったです。
 茶木さんの声、素敵ですよ。ハスキーでちょっといない声の持ち主です。是非一度聞いてみて欲しいです。

その3…BL
 金田一さんのBLなんて…、と思っていたらあったんですが…
 ↓ 残念ながら閉鎖?されたのか、所在不明。記事として残しておきます。
a0095010_23474295.gifBLサイト ラブハッピー 様です。
(注:18禁です。ご覧の際はサイト様のご指示に従ってください)
 このサイト様を発見したとき、「BLに例外なし」と云うことを改めて実感いたしました。私はBL歴が浅いので認識不足でした〜。
 他にもいろいろ「BL金田一」(←字で書くと怖い)を書かれている方はいらっしゃいましたが、私はこの方の「風間俊六」さんがものすごく良かった!
 誤解のないように書きますが、金田一さんオンリーではなく、オリジナルBLを書いていらっしゃいます。金田一さんのお話は『風間俊六の回顧録』の中にあります。興味のある方は是非どうぞ。
 ちなみに、「風間俊六」さんは耕助さんのパトロン(←なんてそそられる言葉でしょう…)の一人です。探偵だけでは食べられなかったころ、耕助さんには何人かパトロンがいたんです。『本陣殺人事件』にもパトロン(昔の恩人)さんが登場します。
 風間さんは『黒猫亭事件』(漫画もあります。勿論、作画:JETさん)で登場します。これも面白いです。是非読んでみてください。
[PR]
by apodeco | 2007-08-14 23:53 | よろず感想文 | Comments(0)

a0095010_23295345.jpg耕助はゲタゲタととめどもなくわらい出した。腹をかかえてわらいころげた。泪があふれて頬をつたったが、それでも笑いやめなかった。
「気が……キが、……そうだ、たしかにちがっている。ああ、おれはなんというバカだったろう」

日本探偵小説全集 (9) 『横溝正史集』(創元推理文庫)
『獄門島』P.618 金田一耕助の台詞


 金田一さん好きの私は、よく友人から「金田一さんってどんな人?」という質問をされます。
 日本の推理小説の探偵として、明智小五郎と並ぶ有名人ですが、これだけドラマや映画にされていながら、金田一さんの人となりは描き切れていないように思います。
 もし、あなたが「金田一さんってどんな人?」と思ったのなら、是非この『獄門島』を読むことをお勧めします。

 復員船の中で亡くなった戦友、鬼頭千万太の死を知らせに獄門島へやって来た金田一耕助。彼は千万太に「おれの代わりに三人の妹たちを救ってほしい」との依頼を受けていましたが、着いて早々千万太の通夜の夜から惨劇は始まってしまいます。
 一癖も二癖もある島の連中と渡り合いながら、悲劇を未然に防ごうと奮闘する耕助ですが——。

続きを読む↓(クリックしてください)
[PR]
by apodeco | 2007-08-13 22:48 | よろず感想文 | Comments(0)