タグ:BL漫画 ( 18 ) タグの人気記事

最近、平日は仕事から帰って飯食ってフロ入って寝る…しかない生活を送っているので、やっぱりじっくり書く時間ないんですが、なんかもう、ちょっとでも書きたくて仕方ないので、ブログ更新します!

前回の続きで、草間先生の非BLものと、BL本のご紹介です。
ではまず、非BLもの『うつつのほとり』

迷信話集 うつつのほとり(クロフネコミックス)

草間 さかえ / リブレ出版

スコア:


版元はリブレ出版なんで、最初は久々のショタものか!(ごめんなさい…)と思ってしまいましたが、全然違った(笑)
【クロフネコミックス】というオールジャンルのレーベルを創刊したのだそうで、そのレーベルでの草間先生の初コミックスになります。
他の作家さんの作品は未読なので、まだ何とも言えませんが、大人のまんが好きのため…とのうたい文句があるので、ちょっと期待していますよ、リブレさん。
…で、こちら『うつつのほとり』ですが、草間先生の非BL話では、私は一番好きかも。
先生お得意の昭和初期のお話です。主人公は、母親の静養のため東京から山がちな村へやって来た少年・敬(たかし)くん。小学校低学年くらい…でしょうか、おっとりとした母親思いの優しいお坊ちゃまです。
彼はすぐに田舎に馴染んで、友だちも沢山できますが、村に着いて最初に見かけた赤い髪の少年・弥七(やしち)が気になって仕方ありません。
だけど、弥七は村の嫌われ者で天狗と噂されているいわく付きの少年。友だちになろうと近づく敬に、弥七自身も自分から遠ざけようと邪険な態度をとるのですが、聡明で真っすぐな敬に心を開き、ふたりはこっそり山の中で交流を深めます。
山のお寺の寺男として暮す弥七は、学校へは行っていないけれどとても物知りで、敬に自然についていろんな事を教えてくれます。
こうして田舎で暮らしながら、日々成長して行く敬の物語なんですが、単なる静養だけではない母親の事や、村の大人や子どもたちにまで広がっている弥七に対する偏見などに、心を痛めたりする敬の様子がいじらしく、そして、とても考えさせられます。
タイトルに【迷信話集】とついていて、帯やあらすじにも田舎ならではの迷信や風習の謎を解く…とあるんですが、一番大きな迷信は、人々の心の中にある【無知と偏見】だと思います。その “ 迷信 ” に真っすぐな心で向かって行く敬に、心弱くなっていた母も励まされて…。
本当に、心があったかくなって、幸せな気分になれる素敵なお話です。それに、先生の描く奇麗な日本の風景がとてもいいんですよ〜。一本の映画に撮ったら素敵だろうな…と具体的に映像が思い浮かぶくらい。
非BLでも、やっぱり草間先生だわ…という、心洗われる逸品ですのでお勧めです!

【余談】 青梅の毒
毒…と言えば、お話の中に青い梅の実は毒だというのが出てきます。実家で梅酒を漬けていたので、子どもの頃から毒の事は知ってましたが、1、2個食べたくらいなら大丈夫との事。大人なら300個くらい食べないと死なないんだそうです。
だけど青梅って、どう見ても美味しくなさそうですよね。とても良い香りがするけど、渋柿みたいに口の中が酷い事になりそうなイメージが…。
(渋柿食べた事ありますよー。焼酎に漬けたのに渋が抜け切ってなくて、口が曲がりました。しばらく何食べても美味しく感じませんでしたね。渋柿は干し柿にするに限ります)
なのに、うちの母方の祖母はこの青梅が大好物で、ガリガリ食べていたんだそうですよ。青梅の毒と聞くと、無条件にばあちゃんを思い出すのですが、どんな味がするのか聞いておけば良かったなぁ。


さて、お次はお待ちかねのBLものです。
25日に発売されたばかりの、『明け方に止む雨』

明け方に止む雨 (キャラコミックス)

草間さかえ / 徳間書店

スコア:


こちらは3つの恋の物語です。
前半分が日本のお話で、裁判所にお勤めの書記官・里村と刑事の結城のお話、里村の同僚で事務官・山田とお隣に住む高天のお話。
後の半分がイギリス…でしょうね、地主の三男坊・ジョゼと、じい様のせいで逼塞して絵を描いている男・アーサーのお話です。
日本人のお話は、特殊なお仕事に就いているメンズばかりで、仕事と同じくらい各人が特殊というか、ちょっと変わってます(笑) 
つい最近、友人と『この世の中の半分の人は、生きて行くために必要に迫られて選んだ【職業】に就いていて、自分がやりたいと望んでその【職業】についている人は少ないね…』と話したばかりで、この年になると働けさえすれば良いかと割り切りも出来るけど、働く事は人生の命題のひとつですから、やっぱり色々と思うところが多いです。
自分の天職を探していた20代の頃、『職業選択の自由、アハハン♪』(『憲法第22条の歌』っていうのだそうですよ)という印象的な歌を歌う就職情報誌のCMがありましたが、本来は人が職業や仕事を決める時、「働ければ何でもいいや!」なんて思わないし、自分の望みや適正を鑑みて選びますよね。特殊な職業であればあるほど、その職業に相応しい自身の思い入れが必要になると思うのですよ。だって、ちゃらんぽらんで正義感もないのに、いきなり「刑事になろう!」とか、「裁判所に就職しよう!」なんて思わないし、就けませんものね。
だから、裁判所にお勤めの山田と里村は、自身の職業に見合った性格をしています。それ故か、ちょっと突飛な行動に出がち。普通はいくらタバコの臭いが変わってるからって、山田みたいな事は考えないだろうし、高天みたいにバラの花の縁(えにし)をドキドキしたりする方が普通でしょう。
里村だって、気持ちは分かるけど、『オイオイ、そう出るか…』と鼻血のシーンでは笑いました。顔に似合わず血の気が多いのかしら。すごくいいです、鼻血!(そして、先生のあとがきに大笑い。私はそこまで考えなかったけど、確かにこれは酷いかも…)
対するお相手、刑事の結城はモノローグで語っていますけど、自分をよく分かっている男です。はっきり言って、山田と里村から「怪しい男」と散々な言われ方をする高天が、一番普通でマトモな人です。
そんな4人が、草間先生が仕掛けた疑惑と真実を明かす過程で、惹き合って、絡まり合って…恋に堕ちる。一体どんな疑惑と秘密があるのか、特に鼻血が気になる方には、是非お手に取って頂きたいと思いますが、個人的にはアーサーとジョゼ、二人の画家のお話の方が好きかも。
絵が好きという共通点で自然に惹かれ合う所も良いし、可哀想なんだけど逃避行へ走る所なんかロマンチックで、(全然違うけど)映画『モーリス』を思い出しちゃいましたよ。
作中に出て来る海の絵は、ギュスターヴ・クールベの『波』かなと勝手に想像してますが、その海の色とジョゼの瞳が同じ色だと言うシーンが素敵で…。初めての外国ものとの事ですが、もっと描いて欲しいなと思いました。

【余談・その2】 映画と、あわ〜い不思議BL本
アーサーのように、誰々の身内だから…と残酷な仕打ちをされてしまう映画を思い出しました。

愛と宿命の泉 PartI フロレット家のジャン デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

スコア:


フランス映画で、邦題『愛と宿命の泉』です。パート1とパート2に別れた長いお話で、こちらパート1の『フロレット家のジャン』というのが、フロレットという女性の息子のジャンという意味で、母の生まれ故郷に妻と娘をともなって街からやって来たジャンが、ある男の策謀によって不幸な事故で亡くなってしまうまでのお話です。
パート2の『泉のマノン』で、ジャンの娘マノンがこの策謀を知る事となり、ある方法で復讐を遂げるのですが…最後の最後に「じぇじぇ〜〜っ!」どころじゃない真実が明かされて、すごく哀しくなっちゃうお話なのでした。でも、エマニュエル・ベアールが奇麗ですしね〜、イヴ・モンタンもジェラール・ドパルデューも素晴らしいし、何より面白いのでお勧め致しますわ。

あとね、兄弟に死なれちゃう里村の境遇と似たようなお話で、すごく不思議なBLがあるのでご紹介。

ロマンスの箱庭 (F-BOOK comics)

伊東 七つ生 / ブライト出版

スコア:


全部で5話の短編集。どのお話も恋愛になるのかな…? という淡いBLものなので、がっつり挿入がないダメ!という方にはお勧めできませんが、私の好きなレイ・ブラッドベリに繋がるようでいて、この方独特のファンタジーなんでしょうね、不思議なお話が多くて面白かったです。
お勧めは、霊が見えて困っていた友人にキスされたら、霊感が移っちゃったという『うつしがみ』と、人付き合いが下手で灯台守をしていた兄が自殺してしまい、遺品を整理しに灯台へ来た弟と、そこへちょうど訪ねて来た兄の友人だという男と兄の思い出話をする『光達距離』。短い話の中に、相手を思う気持ちがじゅわーっとあふれてて、温かい話でした。
人の想いを知るとか、秘密を知る、というのは、やっぱり重い事だと思うのですよ。でも、知らないより、知った方が先へ進めるのかな…と、考えさせられた『明け方に止む雨』と『光達距離』でした。

さあ、秋の夜長は楽しい読書。次回も何か良いお話をご紹介したいと思いますわ。
[PR]
by apodeco | 2013-10-27 22:48 | よろず感想文 | Comments(1)

萌え日和

8日にJ.GARDEN33に行って来ました。久し振りの一般参加です。
サークルで参加すると、お店番を頼んであっても、気になって気になって身が入らなかったので、今回は心置きなく買い物ができるなあと、楽しみにしてました。
とても良いお天気で、並んでいる間日焼けするな〜と思いつつ、獲物のスペNoを確認し、いざ〜と突入したんですが、お目当ての作家さんに新刊が少なかったので、ちょっと残念でした。でも、自分がサークル参加していた時も、毎度新刊ご用意するってのは至難の業でしたから、こんな時もあるさ〜。
新しい出会いはなかったのですが、参加2回目の友人は本人も「成長した!」と言うくらい、ガンガン獲物をゲットしてました。男性サークルさんのイラストが気に入り、3往復した上、中身も見ずに目をつぶって「それください!」とジャケ買いした時には笑ってしまいましたが、彼女の勇気に萌え心を刺激されました。
家族も友人も、私の同人活動を知ってはいますけど、創作上の同志がいる訳ではないので、少しでもBLの話が出来る友人と会って話が出来る時間は、とても貴重でストレス発散になります。
やっぱり、またサークルで参加したいな…と、元気が出てきましたし、獲物は少なくても、萌え日和の一日でした。

a0095010_2317522.jpgとは言え、やっぱり、帰りに本屋さん寄ってしまいました。
で、これ買っちゃったー…

クロネコ彼氏のアソビ方 (ディアプラス・コミックス)

左京 亜也 / 新書館

スコア:


これこそジャケ買い。
前から気になってたので、思い切って買いましたが、すごかった〜♪
服着てる時より脱いでる方が圧倒的に多いし、歌麿の春画にも負けず劣らずアクロバチックな体位でガンガンやっちゃってるし、絵は奇麗だし、見応えバッチリ!!
黒猫に化ける猫化人間(普通の猫とは違うらしいです。人間の時は結構しっかり男だけれど、猫になったら超カワイイ!)が主人公のファンタジーで、変身するのは受けだけかと思ったら、お相手も変身できちゃうのであった。しかも、こちらの方がグレードが高い〜。(何に変身するかは読んでからのお楽しみ)
優しくて甘ったるくて、一見受けに見える攻めですが、気力体力、ねちっこさっも半端なし(笑) じゃあ、話の中身は?というと、ちゃんとありますし、面白いです。
捨て猫を拾って飼ってた事があるので、主人公が思う事、なんとな〜く分かります。『100万回生きたねこ』にも通じるような切なさがありますよ。
滅多に身体から系のご紹介はしないのですが、とっても良かったので、……もちろん、ほとんど全編、抱き合ってるシーンばっかなので、『オールオッケーどんとこい!』な方と、大人限定での……お勧めです!

いや〜〜、左京先生のご本、ヘソクリ貯めたらまた買ってしまいそう。
今までご紹介こそしてなかったですが、『身体から(恋に落ちる)系』、けっこう読んでます。やまねあやの先生の『ファインダー』シリーズ(麻見のシーツ欲しかったなあ)とか、門地かおり先生の『生徒会長に忠告』(まだ終わらんのかと半分くらいは思ってる。面白いけど)とか、腰乃先生の本も大体は。まあ、他にもいろいろと…。
自分自身が『全く隙がない』系人間なので、どうやって身体から始まるんじゃ?と、読んで勉強(?)させて貰ってる…という事にしておきましょう。
やはり、公の場で声を大にして性愛を賛美するには抵抗があるし、最低限のマナーが必要不可欠ですが、でも、良いも悪いもすべて含めて人生なんだから、分別ある大人なら、もっと楽しんでもいいのではないかと思いますよ!
[PR]
by apodeco | 2012-10-11 23:11 | よろず感想文 | Comments(0)

a0095010_184843.jpg先生の作品ではじめて読んだのが、こちらで一番最初に紹介した『はつこいの死霊』。思い起こせば6年前、手に出来た静脈瘤を治療した帰りに買ったんですよ。医者に注射器で患部をぐっさり刺された上に、ぐりぐりほじられて大変痛い思いをしたので、病院の階下にあった本屋さんで草間先生のご本を、自分のご褒美のために思い切って買ってみたのでした。運命ってやつです。きっと。


王様のベッド (ビーボーイコミックス)

草間 さかえ / リブレ出版

スコア:


中学生から大人の話まで、かなり毛色の違うのお話が集まってますが、先生の本を初めて読むという方に良いのではないかと思われます。
表題作はガタイのいいエンジニア×取っつきにくい彫刻家のお話。ヘタレだけど優しくて常識人の古賀(ゲイ)は、切れたケーブルの修理のため、かなり変わった無自覚誘い受(?)みたいな、ノンケ彫刻家の遠野の家を訪れますが、大雪のため二人っきりで過ごす羽目になって…。ちょっとコメディ。
山の中の一軒家に一人で住んでるらしい遠野の人柄も、その家の中もとってもミステリアスで、古賀はドキドキぐるぐるしっぱなし。おまけにいきなり身体を「見せて、触らせて」ときたものだから、妖怪の一種かと思ってしまう(笑)。
登場人物にミステリアスな部分があるのは、先生のお話のお約束ですが、ベッドの大きさは…きっと趣味です。遠野の酔っぱらった仕草が、先生の他のキャラと比べても一、二を争う可愛らしさなので一見の価値あり。
他に収録作は二作。『さくらんぼ』はとっても可愛い、餌付け成功のお話。
これこそ毒はひとつもないけれど、淡いどきどき感にやられました…。ひとにものを食べさせるって、やっぱりエッチい行為なんだと思います。
『花』は初っ端から毒だらけ〜。私の趣味ど真ん中です。
やっかい事に自ら飛び込んで行くってのは、相手に対してそれだけ関心があるからです。気になる=全ての始まり。ちょっと痛い話ですが、後味はよいので是非どうぞ。


どこにもない国 (EDGE COMIX)

草間 さかえ / 茜新社

スコア:


カバーイラストが奇麗です! こちらも収録作品がビックリするほど毛色が違うので、草間先生の幅の広さをたっぷり味わえるお勧め本でございます。
とは言え、この表題作をご紹介するのは難しいですね。戦争に行った若者の、戦中戦後のお話ですが、この時代独特のストイックな若者が、男同士で惹かれ合う事に対して、どう向き合うかというお話です。
終戦間際の南の島。厳しい隊長の竹内が率いる海軍の一部隊が駐屯していました。その中に、竹内に対して情念を募らせる部下の早川がいて、その想い故にある行動をとるのですが、表向きの理由を知っている竹内ですら「どうしてなんだ」と悩ませてしまう程。そんなある日、突然の敵襲と終戦を迎え、二人は…。
この時代の人は、自分の気持ちをぺらぺら語ったりしないせいか、二人ともがお互いを「わかりにくい」と評しているのが可笑しい。命からがら復員船で帰国して、落ち着いて見ると、竹内は早川を「存外ヒトらしい男」だと思います。島ではやはり変態っぽく見えていたのでしょうね。早川は竹内を「ややこしい人」だと言いますが、島では一杯食わされたので、仕方ありません。
生きて祖国に帰れた事は幸せな事ですが、日常の平安を取り戻すとともに、竹内は早川をいるべき場所へ返してやらなければと焦ります。それは今生の別れを意味します。
二人にとってほんの数日ですが、二人きりで過ごした島での日々がユートビアでした。二人がどうするのかは、読んで確かめてくださいね。
『岸壁の母』って歌、分かりますかね? 息子の帰りを信じて、引揚船が到着するたび探しに行く母親の姿を歌ったものです。私歌えますよ〜。
もっと言うとですね、映画『犬神家の一族』(古い方)で、高峰秀子さんが、「すけきよ〜」って、間違えて青沼静馬を連れ帰っちゃうシーンですね。辛い時代でした。竹内の心情如何ばかりだったか、察してくださいな。今の時代、こういうお話が書けるのは、そうそういないなぁと思うのですよ。

でも、『イロメ』くらいからファンになった、という方には『0と1の間』からの方が、草間先生らしいと思われるかもしれないですね。
私はアホな子が好きなので『1と2の間』が好きです。子どもの頃の出来事って後を引きますからねぇ。『0か1の世界』に至っては、みっちゃんが振り回されて可哀想でしたが、惚れた弱みだ諦めろとしか言いようが無い。鶴田があまりに人生楽しそうなんで、こんくらい前向き(?)に生きられたらいいなと羨ましい限り。
私にも美術学校時代の友人に、みっちゃんって人がいましたが、こちらは明るい人でした。カイト(凧)を作って飛ばしに行く授業があったのですが、丸まった凧糸を使った瞬間芸とか言って、脇の下に当てて「黒木〇!」(脇毛を剃らないAV女優さん)とか、股間に当てて「ダビデ!」とかやってましたね(こちらのみっちゃんは女性)。
三ツ矢もみっちゃんくらいアホだったら、あんなに怖い顔にならずに済んだかも。友人連中で一番まともだったのが敗因か…。
『もののことわり』は古い作品ですが、今とそんなに変わらない、あったかさを感じる作品。好きなんですね、古い物が(『地下鉄の犬』にも通じてますね)。そんでもって、身体ばっかり大きくなった、おばかさんが好きなんだなぁと(笑)。
こちらも、その1で書いたフェアでは対象外ですが、草間先生初心者さんにはお勧めの一冊。鶴田がどんだけ悪女…じゃなくて性悪か、是非確かめて見てください。


最後〜。

魔法のつかいかた (1) (ウィングス・コミックス)

草間 さかえ / 新書館

スコア:


冒頭で書いた通り、BLという以前に、今まで読んだどの恋愛ものとも違う、独特な雰囲気にハマって、同人誌も手に入る限り集めました。
その中で一番気になっていたのが、『魔法使いの弟子』という作品なんですが、それを引き継いだのがこの作品です。
内容はタイトルの通り、魔法使いの話です。ファンタジーです。魔法の腕は一流だけど、いろいろと駄目駄目な魔法使いの泉太郎が、探しものの魔法でみつけた春生を弟子にする(誘拐ともいう)ところからお話は始まります。
一巻目は、ほぼ同人誌の内容に添っています。“毒”の部分は中和されてまして…まあ、その辺はもう仕方ないです。続きが読める事が単純に嬉しいから良しとします。
とにかく謎だらけなお話なんで、これから一つ一つ、謎が解明されて行くのを楽しみに、続きを待ちたいと思います。

【余 談】
a0095010_1151538.jpgMy Favorite Words 
『魔法使い』



ファンタジーものは読めないくせに、魔法、特に魔女とか、悪魔が出て来ると目の色が変わってしまいます。『魔法のつかいかた』には悪魔は出て来ないけど、人の生き死にが魔法で操られるので充分悪魔的。
私が初めて魔法使いものに惹かれたのは、山田ミネコ先生の『魔法使いの夏』という作品を読んでから。40年くらい前のデラックスマーガレットに掲載された読み切りもので、それ以来の山田ミネコファンです。
お話は、魔法好きな女性が、魔法使いを探してある村に行って、行方不明になってしまうところから始まります。女性の妹(主人公)は、姉を捜してその村へ向かい、姉がいた痕跡を見つけるのですが、その村を拠点にしている魔女によって、サバト(魔女の集会)の生け贄にされ亡くなった事を知ります。当然、彼女も生け贄に捕まっちゃう。
村人も全員ゾンビで、魔女がいないと土に帰っちゃうから、魔女のいいなり。でも、その魔女の弟(もちろん人じゃない)に救われるお定まりのお話なんですが、それでも充分面白くて、切ない話でした。
弟は長い間、何の罪も無い女性たちを生け贄にして、自分たちが生きながらえる事に耐えられなくなってましたし、主人公に淡い想いを抱き始めていたので、自分の命をかけて彼女を救います。当然、彼は砂みたいに消えていなくなるのですが、彼女を救えた事に満足して死んでいくのです。
この話、オチがあるんですよ。それ以来、悪魔が主人公の家に住みついちゃうんです。でも、それで何となく救われるのが妙におかしな話でした。
その山田ミネコ先生に、コミケで会えた時は感激しました。もちろん、ファンですって、ご挨拶しましたよ。そういう出会いがあるんですよ、コミケって!
山田先生、60歳は越えてらっしゃると思うのですが、お元気でコミケに出てらっしゃるんですよ! がんばらなくちゃ〜と思いますよ。ええ。
私もいつか、魔女やら魔法やらが出て来る話を書いてみたいと思います。
[PR]
by apodeco | 2012-10-07 00:26 | BL感想文 | Comments(0)

a0095010_184843.jpg日頃、草間先生フリークと言いながら『やぎさん郵便』を買うまで、今年が草間先生のデビュー10周年と言う事を知りませんでしたわ…。すいません。
そうかぁ、もうそんなになるのね…と感慨深い。
いやいや、そんな感慨に耽っている暇はない。今年も残すところ後三ヶ月じゃありませんか! という事で、今回は当然、草間先生特集です。
おサボりしててご紹介してない本がいっぱいだったりするのですよ…よよよ…


やぎさん郵便 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)

草間 さかえ / リブレ出版

スコア:



先生の最新刊は『魔法のつかいかた』なんですが、こちらはのちほどご紹介。まずは『やぎさん郵便』です。
こちらは前作『マッチ売り』の続きです。タイトルは同名の童謡『やぎさんゆうびん』から来ているようです。
白ヤギさんから来た手紙を黒ヤギさんは食べちゃって、仕方がないから御用はなあに?と手紙を出すけど、白ヤギさんも手紙を食べちゃったので、また黒ヤギさんに御用はなあに?と手紙を出すという、魔のエンドレスソング(?) 
最初の手紙にはいったい何が書かれていたのか?って疑問が、『マッチ売り』から繋がっておりますね。読んだ方ならタイトルだけでもニヤニヤしてしまうはず。未読の方は是非『マッチ売り』を買ってくださいね。私の思う、「これぞ草間さかえの漫画!」ですから超お勧め!
内容は、引き続き二組のカップルのその後の様子です。片方は出来上がりつつありますが、片方は発展途上。見所は澤。やることなすこと、空回っちゃって可笑しいのなんの。もっとヘビみたいな男かと思いましたが、なかなか可愛いですよ、彼。
ちなみにヘビって、ほの温かくて柔らかくてさらりとした感触です。見かけとは全然違いますのよ。飼ったら可愛いと思います。もちろん毒のないヤツの話です。
澤みたいな人に飼われるのはご免ですねぇ。有原は本当に『男運悪い』と思いますよ。
それにしても、澤にしろ花城にしろ、ふたりの大人げない事と言ったらもう…。まあ、そこが一番の魅力かな(笑)  
そうそう、見所その2は挿話『マッチ売り 零話』最高です!! ぜひ、二冊まとめてのご購読お勧めします〜♪

さて、ここからは一気に既刊本をご紹介しましょう。
その前に、『あなたの好きな草間作品は?』と貴腐人(きぶじん)たちに聞きました。
友人A:『イロメ』 『カオス』が最高。当然『ヌレル』も好き。甲乙つけがたい。
友人B:『夢見る星座』何と、ドラマCDと画像をミックスさせたイメージ映像まで作った(個人的に楽しむ用です)ほどとか。今度見せてくれ〜。
う〜ん、私はどれかな?と言うと、『はつこいの死霊』なんですが、これは別格として、これ以外でどれがいいかと悩んでまして…。
というのも、先生のデビュー10周年記念フェアを、コアマガジン、新書館、リブレ出版3社のコラボでやってまして、『やぎさん郵便』の帯についた応募用紙に、対象漫画の帯についた応募券を貼って送ると、『やぎさん郵便』番外編描き下しオールカラー漫画小冊子が買えるというのですがね。問題は、二冊分送らなきゃいけないところ。
「私はぜんぶもってるの!」
そういう人はどうすんじゃい。
『魔法のつかいかた』で一冊分、もう一冊は既に持ってるけど、新しい帯がついたの買うしかない訳ですよ…。それでね、もう一冊買うなら、どれがいいかと悩んだ訳です。私も『夢見る星座』がいいかな…と思ったんですが、欲しいなと思ったのは、対象外のこれでした↓

真昼の恋 (ショコラコミックス)

草間 さかえ / 心交社

スコア:


メロドラマちっくなタイトルですが、真昼とは主人公の名前です。リーマンと町工場の若社長の恋物語。めずらしく、恋仲になった二人のその後の話が続くのですよ。しかもツンデレ受、ワンこ攻ですよ(これは割とあるけど)。そして、毒がないのですよ。
私は草間先生の漫画の魅力って、毒かなぁと思ってまして、「食べると美味しいんだけど、ちょっと舌がピリピリするのよね、でも、そこが美味しいの」とかって毒に当たっちゃうフグの肝(ピリピリするかは知りません)みたいな、独特の暗くて苦い(悪の)部分が好きなんです。でも、『真昼の恋』にはそれがない(なくないけどちょっとです)。なのに、イイんですよ!
仕事を通して知り合った二人ですから、恋と同時進行で仕事の話もきっちり描かれています。一緒に仕事をすると、不思議と見えてくるものがありますよね。お互いの考え方や、育って来た環境も見えて来たりして、互いに益々信頼や愛情が深まって行きます。派手な恋愛ものじゃないですが、とてもしっくり来ます。リーマンものが好きな人には堪らんですよ。素敵な上司のオジさまも出てきますしね。いろんな意味でキモになってる素敵な上司です♪
先生は恋心を抱くと、自分の内面の奥深く、あまり気づきたくない部分に向き合わされる、そんなお話に傑出した方だと思うのですが、それだけじゃないんだな〜と、新たな先生の魅力に気づかされた作品です。是非、対象外だけど読んで頂きたいお話です。

つぎ〜。発行順です。

イロメ2 ヌレル (ディアプラス・コミックス)

草間 さかえ / 新書館

スコア:


『イロメ』の続きです。挿話ぜんぶ続き。『イロメ』を持ってる方は、これも買わなきゃいけません。買わなきゃ損です、ソンしてます! これも、恋が実ってからのお話ですね。だからか、中身も濃いですよ。
私はおばかな桃と野田センセーが大好きなので、『サイン』が良かったですね。そして『フロウ』では、白川センセーが相変わらずモヤモヤしてます。フロウとは液体や川などが流れると言った意味ですが、気持ちや行動などの流れを意味しています。台詞などにさり気なく効いていて「さすが〜」と唸ってしまいます。
悩むのは性分なので仕方ないですけど、奇麗な男の子って、長じると本当に悲惨なんですよね。身近にそういうのがいたので良く分かります。やっぱり体毛は敵でしたね〜。もじゃもじゃになりましたから、ずいぶん悩んでましたよ。血が繋がってる分、女の私の方が悩み的に上でしたが。体毛は男女ともに敵なのです。別に白川先生は体毛に悩んでる訳じゃありませんよ。念のため。
これも、二冊目として手にするのにお勧めですが、『イロメ』とセットがお約束です。

いや〜、いっぺんに行きたかったのですが、あと三冊もあるので書ききれない…。
いかにおサボりしていた事かと反省しております。
次回、その2へ続きます。
[PR]
by apodeco | 2012-10-03 22:55 | BL感想文 | Comments(0)

水曜日からお休み頂いたのですが、五日の休みなどあっと言う間ですね…。
夏休みの終わりと言うと、いつも最終日に泣きながら宿題をしていたのを思い出します。昔を思い出しながら、久し振りに夏休みよろず感想文、漫画編と行きましょう。
ちゃんと小説も読んでるんですが、BL系は漫画しか読んでないので…でも、これはホントに久し振りにプルプル来てしまったので(どこがでしょうか?)、ご紹介したいなと思います。

憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)

日高 ショーコ / 徳間書店

スコア:


今月発売になりました4巻目です。この手の漫画は出るのが遅いので、こちらも一年に一冊ペースの発行で、1巻目は2009年に出たものです。
時代は明治ですが、はっきりとした年号は出てきません。男子しか襲爵できないとありますから、明治40年以降でしょうか。若き子爵と家令との禁断の恋物語ですが、単に身分違いという単純な問題ではなく、時代と人間の業が絡み合う一筋縄ではいかないお話です。

主人公の久世暁人は由緒正しい家柄の生まれですが、階級は子爵ですからあまり高くありません。相次いで親を亡くし十歳で当主になりますが、事実上は怜悧な美貌の家令・桂木智之が家政をしきっています。
桂木は有能ですが、とても冷たく暁人に接します。まるで憎んでいるかのように。でも、暁人が頼れるのは桂木だけですし、怖いと思いながらも全ての指針を桂木に向けて成長して行きます。
私は1巻目を読んだとき、「これ、恋愛に発展すんの?」と不安でしたね。
暁人は桂木にあれだけ厳しくされて、よ〜く捻じくれなかったなぁと感心するほど聡明で素直に育ちますから、彼が桂木を想う気持ちは分かりますけど、とにかく桂木智之という男の本心が分からないままなので、切ないは、痛いは、心配だわで…はらはらしながら待つこと一年(なげー…)。
2巻目からは徐々に桂木の出自やら内面が見えて来て、「くうぅ〜〜」っと呻きたくなるほど面白くなるんですが、とにかく焦れったい。さらに待つこと一年。
3巻は暁人が胸がすくくらい賢く強かに成長して、さらに面白くなります。何故って、読んでるこちらが暁人に魅了されるのと同じ変化が桂木に生じているからです。
そして待望の4巻目。「きゃ〜〜」っとジタバタするくらいの佳境に入ってます! 
この機会に1巻から通しで読み返したのですが、深みがあって非常に読み応えがある傑作だと改めて感嘆してしまいました。

このお話は明治という特異な時代の身分制度が重要な要素であり、当然ながらこの辺があやふやだとチャチなものになってしまいますが、きっちり綿密に描かれています。
日高ショーコ先生は画力のある方なので、華族社会の優美さは十分伝わってきますが、同じ年代のものとして、三島由紀夫の『豊穣の海』の中の、『春の雪』が映画になってますので、こちらを見ると分かりやすいかも(正確には大正時代ですけども)。
そう言えば、映画の松枝侯爵の令息・松枝清顕役の妻夫木くんって、暁人を彷彿とさせますね。学習院の制服姿…よだれが出そう。
映画は当たり前ですが、男女ものですし完全にメロドラマですが、『憂鬱な朝』は同じ禁断の愛でもさすがBL、もっと骨太で男のロマンに溢れています。

明治の世になり世の中は大きく変わりました。旧大名も華族となり新しい生き方を求められましたが、封建的な考え方は変わらなかったようですね。養うべき使用人や旧領地の民を抱え、当主は家のために生きる事を求められます。身分が高ければ高いほど個の意思のまま生きる事は許されない。
暁人の父親も、桂木も、桂木に心酔している雨宮も、久世家に対抗意識を燃やしている桂木の兄ですら、古い因習と思っても抗えないものがありました。
桂木に至っては、暁人に『男妾』と言われるほど、なり振り構わず家の為に奔走しています。それは決して暁人の為ではないのですが、それが何故なのか徐々に分かってくると共に、それでも変わらず桂木に寄せる暁人の一途な愛情が切なくて、切なくて…。
暁人は身分に拘らない新しい感覚の持ち主ですが、それは自分の心に忠実だからだと思います。それでも、『春の雪』の清顕のように浅はかではないので、愛する人の幸せを願い冷静に行動するのです。だからこそ、余計に桂木とすれ違ってしまいます。
人は誰しも、『自分が存在していることの意味は何だろうか』という疑問を持ち、その存在を認めてくれる人を必要としていますが、それはどんな時代の、どんな世の中に生まれても、変わらないものなのだと、二人…特に、桂木を見ているとしみじみ思います。そして、彼は全てを疾うに分かっているのです。それでもすれ違う二人。
二人がどうすべきなのかは、4巻目の暁人の親友、石崎の台詞に集約しています。
「お前たちならそんな状況も越えられるだろ!?」と——そして桂木は…
お話はまだ続くと思われますが、恐ろしい事にならなければいいのですがね…。
二人がより良い形で幸せになって欲しいと願いながら、また一年、楽しみに待ちたいと思います。


ついでに、と言っては怒られそうですね。こちらも傑作なのでご紹介。

初恋のあとさき (花音コミックス)

日高ショーコ / 芳文社

スコア:


以前ちょこっとご紹介した、『嵐のあと』に登場する嫌味〜な受け子くん、美山のお話です。私はこの彼、苦手だったんですね〜…。
でもこのお話で、彼がどうしてあんなに捻じくれ曲がったのか、その原因と、結果と、発展が見られます。良いです。すご〜くいい!!
日高先生の作品は、ホントにきちんと“男”が描かれていると思います。私は常々、男って何? あいつらって何なの?? と思いながらBLを書いてます。まるっきり未知なる世界への挑戦なんです。
だから、先生のお話を読むと唸ってしまいます。嗚呼、私もこんなの書いてみたい!
『嵐のあと』のふたりのその後もありますので、合わせてご覧頂きたい傑作です。

余談:表題の二人は若いですよね。体つきからして『嵐のあと』の二人とは違うんですよ。そういう描き分けもすごいなぁと思います。
[PR]
by apodeco | 2012-08-20 00:11 | よろず感想文 | Comments(0)

J.GARDEN32に参加しました

a0095010_1883985.jpga0095010_189180.jpg


お久しぶりの更新です。
またしても前回の更新からすご〜く間が空いてしまいましたね(-_-;)
すっかりイベント報告の場と化してますが、今回も例によって…ご報告です。

J.GARDEN32に参加しました〜♪
今回は4月1日、エイプリルフールの日に開催。『お話を書く』=『どれだけ楽しい大ボラを吹くか』と思っているので、ぴったりな日だなぁと思いました。お天気も前日は嵐に見舞われましたが、すっきり晴れて(ちょっと肌寒かったけど)何よりでした。
でも、やっちまいましたよ、大ドジ。前回もフリーペーパーの日付を間違えたのですが、今回はスペースを間違えた…。
参加も3回目ですし余裕で準備を終えて、今回初めてお手伝いをお願いした友人(JUNE愛好家。でも一人では会場を歩けない小心者←ひどい言い草)とガイドをチェックしていた時、「あれ?」と気がついたんですよ。
「私ってスペース “ に ” だっけ?」
「えっ? ここ “ な ” だよ!」
ガイドを見たら “ に ” だし、自分で作ったポスターも “ に ” になってる。私、“ な ” の番号にお店広げちゃってます。
「きゃー! 間違った〜」
「本当はどこなのよ?!」
すでに開場10分前! 
『よろしくお願いしま〜す』と笑顔で挨拶して下さったお隣さんへ、恥ずかしかったけど「間違えました〜」と別れを告げて大慌てで移動しました。そして今来ましたのよという顔でお隣さんにご挨拶。
友人の機敏な働きのお陰で3分前には準備完了。ほっとしたら何だか可笑しくなって、しばらく二人で笑ってました。不幸中の幸い(?)か、“ な ” のスペースの方は欠席されたようで、いらっしゃらなかったのですけども…ごめんなさ〜い。

新刊出せなかったので、どうかな…と心配だったのですが、絵師の本間さんの漫画(下の写真)がありましたし、豆本(上の写真右奥に蛇腹の小さなのが豆本)効果もちょっとあったみたいです。
お知り合いや友人、毎回訪ねて下さるお客様もいて、とても有り難かったです。どうもありがとうございました。
毎度思うのですが、お客様って獲物を狙うハンターみたいですよね。スペースを訪ねて来る友人たちも、口を揃えて「観察してるのが楽しい」と言ってました。
今回特に、20代前半くらいの可愛い顔した男性が二人、柱の傍に立ってそりゃあ楽しそうに本(同人誌かガイドかは不明)をめくっておしゃべりしてたのが印象的で、いっそフリーペーパーを配って来ようかと思いましたが、勇気が出ませんでした。
友人曰く、「狩りデビューしたてで、玄人の“またぎ”ではない」初々しさがありました(笑) 
私が狩り(買い物)に行っている間留守番してくれた友人が目撃したお客様は、パンピーとは明らかに違うオーラを放ったモデルみたいに美しい女性の二人連れだったそう。「ペーパー渡してくれた?」と聞いたら、「異次元の世界の人みたいで近づけなかった…」そうです。ああ、見てみたかった…。

今回も素敵な獲物をゲットしましたし、大好きな作家さんと同じ日に同じ会場でお店を開けましたし、同人活動を始めた当初の夢が全部叶って大満足しています。次回は、また自分が満足できる新刊が作れた時を予定しています(委託参加は検討中です)。
改めて、今まで手伝ってくれた友人、絵師さま(本当にありがとう!)、お立ち寄り下さいましたお客様、またお買い上げ下さいましたお客様、そして、イベントスタッフの方々に感謝申し上げます。
素敵な楽しい時間をありがとうございました。
また参加出来るよう、頑張ってお話を書き続けようと思います♪
[PR]
by apodeco | 2012-04-02 22:45 | ご紹介 | Comments(0)

本間まりさんの漫画です

 今日は立冬です。でも、ふ〜ゆ〜が、は〜じまるよ〜♪  …とは思えないぼど暑いですね。会社の男の子は未だに半袖を着ています。いつになったらコートを着られるんでしょうか。
 カレンダーをあと一枚めくったら、もうクリスマスだというのに…。南半球じゃないんだから、半袖のクリスマスは嫌だなぁ。
 節電の必要があるので極寒も困りますけど、もう少し11月らしくなってほしいものです。

 ここのところ、ずっと体の具合が悪かったので、何かを作る気力も体力もなく、気がつけば11月です。
こちら『のあーる・とあーる夜話』の更新も、今年はまだ二回しかしてなかったのですねぇ…。やるやるって口ばかりで、すっかりオオカミ中年になってしまいました。
 地震の影響があるとはいえ、ちょっと反省。今年も、もう残り少ないですが、頑張りたいと思います。

 さて、今回は一緒に同人活動をしている絵師さま、本間まりさんの漫画をご紹介致します。
 10月9日のJ.GARDEN31で無料配布したものです。本編は来春4月1日のJ.GARDEN32にて販売予定ですので、こちらは予告編になります。

 本間さんには私の処女同人誌の表紙絵と、書き下ろしの扉絵を描いて頂きました。ヘタレ攻の友彰をそれはそれは素敵に描いて下さって、大変気に入っています。
「シンデレラのガラスの靴を描いて〜」などと簡単にお願いしましたが、二つ返事で引き受けて下さって、データを頂いた時は感激しました。これ、自分じゃぜってーかけねー…。
(6月の振替開催のご報告に写真が出てますので、ついでに覗いて見て下さいませ)

 本間さんご自身は、BL漫画は初挑戦になります。やはり色々と勝手が違うようで、苦心されてるみたいです。既に「絡みは描けない…」と泣きが入っておりますが、それは、それ。独特の絵と作風でご自分の萌を追求して頂きたいと思います。
 小さなお子さんを育てながらの創作活動ですし、暴露しちゃうと私と同い年ですので、まあ、色んな意味で心臓バクバクさせながら頑張ってますので、どうぞ応援して下さいませ。

タイトル : V O N (ボイス オーバー ナビゲーション) [LITE MY FIRE]

1
a0095010_059096.jpg



↓続きは下の NEXTの文字をクリックしてください。
 ※画像が見えづらい時は、画像をクリックすると大きいサイズで見られます(別窓)。
 ※閉じる時は、開いた画像をもう一度クリックすると閉じます。


NEXT
[PR]
by apodeco | 2011-11-08 23:04 | ご紹介 | Comments(0)

J.GARDEN31に参加しました

 金木犀の息苦しいくらいの芳香に、やっと秋がやって来たな〜としみじみ…。
 そして、前回の更新からまたまた三ヵ月も間が空いてしまい、J.GARDEN初参加のご報告の次が、秋のJ.GARDEN参加のご報告になってしまいました…(-_-;)
 イベント参加の楽しさに味を占めてしまい、続けて申し込みをしたのはいいのですが、時間があまりなかったため、準備にかかりっきりになっていました。
 うす〜い本ですが、何とか新刊ご用意出来ましたし、一緒に参加してくださった絵師さまに励まされて、フリーペーパーに漫画も描いてみました。
 たったの2ページなのですが、初めての事ですし、9月の連休全部つぶして(小説書くより時間かかりました…)描いたのですが、お買い上げ下さいましたお客様にお配りするのが精々でした…哀しい(T_T)
 どうしようか迷いましたが、こちらは本来イラストブログですので、すっごく恥ずかしいですが思い切って公開します。
(日付が6日になってます。間違えました。粗忽者なので、よくこういう間違いをしますうぅぅ…)

a0095010_20215593.jpg

a0095010_20215590.jpg

 イラストは描いてましたが、こうしてコマを割って、同じ顔をいくつも描く…というのは初めてです。
 むか〜し、むかし、漫画家になりたいと思った時期もあったので、『死ぬまでにやりたい〇〇の項目』じゃないですが、「やれる時にやってみよう!」という事で、まずペーパーで2Pものに挑戦してみました。
 さあ、この次は8〜10Pの本格的な漫画を描くぞ〜っと思っていますが、たぶん、来春の庭までには間に合わない…(この2Pを仕上げるのに、どんだけ時間かかったか…死ぬ〜)ので、いつの日か小説の横に並べられる日が来るのを夢見て頑張ります。

 さて、J.GARDEN31ですが、こちらはやはり振替開催から日が近かったせいか、サークルさんの数が少なかった気がします。新刊を出せた方も少なかったのでは…と思いますが、私自身は収穫が多く大満足でした。2回目の参加で気分的に余裕もありましたし、事前にサークルさんのチェックもして来ましたので、素敵な作家さまをたくさん発掘出来ました。
 スペースの方へは、前回から引き続き来て下さった方が何人もいらして、大変嬉しく有り難かったです。ご感想も頂けましたし、お立ち寄りくださいました皆さま、本当にありがとうございました!m(_ _)m
 相変わらずあの場にいるとすごく緊張するので、満足にお話出来なくなっちゃうのですが、伺ったご感想はしっかりお話作りに活かしていきますので、今後ともよろしくお願いしま〜す。(サイトのお話の続編についてはDiaryの方でお知らせ致しますね)
 来春の庭ではまっさらな新作を出す予定です。サイトとは系統の違う、出来るだけBLっぽいのに挑戦したいと思っています。それと、また何か小さなプレゼントをご用意したいと思います。前回出来なかったしおり引き、とっても楽しく出来ましたので♪

 10月中に、あと2回くらい更新したいと思いますので、お暇な時にまた覗いて見てくださいませ〜。
[PR]
by apodeco | 2011-10-11 23:44 | ご紹介 | Comments(0)

 ご無沙汰しておりました〜(汗) 
 今回はお勧めBL漫画のご紹介ですが、まずその前に…

a0095010_23543311.jpg←夏になると仕上げなきゃと思うイラスト。カラーインクで仕上げるつもりでペンだけ入れたもので、もう三年放置状態…。この状態で出すのはどうかと思いつつ、『必ず仕上げるぞ!』の決意も込めて。これだけじゃなくて途中で放置してるイラストがまだいっぱいありマス…。

 暑い暑い夏がようやく終わりましたね。暑くて伸びてた訳ではないのですが、うかうかと二ヶ月が過ぎてしまいました。その間、サイトの小説書きに没頭しておりました。


 近況報告をしますと、新しい職場環境に慣れたのもありますが、やっぱり脳が逃避したいらしく、お話のネタが次々浮かんできたので、短編を中心にぽつぽつと書き綴っておりました。現在は来年春のJ.Garden参加を目標に同人誌制作に入っています。
 既存のお話と書き下ろしをまとめて、2冊出す予定。もう、友人を巻き込んでの一大事です(笑)。
 思えば、大好きな素敵BLサイトさまのお話に影響されて拙い文章を書き始めてから、ここまで来るのは長い道のりでした。
 普通女子だった友人をBL系即売会に連れ回し、一人前の腐女子(声優さん萌で『黒執事』&『デュラララ』にご執心。静雄受オンリーイベントに行きたいと聞かされた時には少々責任を感じました…)に育て上げ、ようやく校正担当を確保。また、小学生の時からの友人で同人誌の大先輩絵師さまが、表紙絵を書いてくださる事になり、もう張り切っております。
 絵師さまをご紹介しますと、サークル名『maris』で活動なさってました、本間まり様です。現在は活動休止中ですが、無理言ってお願いしちゃいました。ありがとうございま〜す。
 非BLの人ですが、お願いしているお話のネコキャラが頭から離れなくなっちゃって、BL書きたくなってるそうです。悪影響あり過ぎ?と思いましたが、活動再開を検討中との事、嬉しい限りです。
 さあ、もう後に引けません。夏コミで大好きな漫画家の先生に恐れ多くも「同人誌出します」宣言しちゃったし、絵師さまを含めた友人一同にも宣言しちゃったし…。ここまで自分を追い詰めないと頑張れない…訳じゃないけど、やる気は出ます。何しろこれから書き下ろしを3本書かねばならないので。自分に鞭打って頑張りま〜す♪
(『痛い』の嫌いだけど、精神的にはMかもね)

 まあ、こうして頭の中は張り切ってますが、体の方がなかなかついていかないのですよねぇ…。
 やっと貧血は改善されましたが、暑さのせいか体重が減る一方。口内炎も食事の度に悪化して治らないため、歯医者さんでレーザー治療を受けました。体も怠く、「あれ〜? おかしいな」と思っていたら、健康診断で低蛋白血症との診断。
「ゲッ! 糖尿病予備軍?!」と焦りましたが、腸の具合が悪くなるとスポーツドリンクだけで絶食(1、2回抜く程度ですが)してたので、多分、一時的な栄養失調になったんだと思います。とりあえず、近いうちにまた病院に行ってきます。
 体だけじゃなくて、仕事も家事もありますし、家族サービスもしなくちゃだし(山登りに行きたいんですって…なので、10月2日に巾着田の曼珠沙華を見て来ました。こちらはDiaryの方でご紹介)で、時間がな〜い!!
↓ こんな感じで辺り一面の曼珠沙華! 綺麗でした〜。
a0095010_23561974.jpg

 そんな訳でイラストは放置、BL小説も、友人に借りたお勧め小説もあまり読んでない…のですが、
久々に草間先生の本が2冊も出ましたのでご紹介♪

地下鉄の犬 (ドラコミックス)

草間 さかえ / コアマガジン

スコア:



マッチ売り (CITRON COMICS)

草間 さかえ / リブレ出版

スコア:



 内容に触れる部分があるので(極力ないように…しますが)、
↓続きを読むよりどうぞ

続きを読む
[PR]
by apodeco | 2010-10-03 01:06 | BL感想文 | Comments(0)

 夏休みも終わりですね。狐の嫁入りの雨が、ぱらぱら、ぱらぱらと落ちてくる中、投票へ行ってきました。さあ、新しい風は吹くのでしょうか。
 まあ、どんな風が吹いても私は私で行きましょう。
 今回はBLひと言感想文〜漫画特集です。ここ半年くらいに読んだものを中心にご紹介しますので、新刊本ではありませんが選りすぐりの作品ばかりです。

 まず最初は、以前から紹介するすると、歌にうたっていた漫画です。

ニューヨーク・ニューヨーク (1) (白泉社文庫)

羅川 真里茂 / 白泉社

スコア:



 最近の本ではありません。BL歴の浅い私が知らなかっただけです。BLの括りを外しても本当に素晴らしい内容なので、是非読んでもらいたいと思います。
 素晴らしいと言っても、ニューヨークという危険な街が舞台で、しかも主人公の職業が警官ですから、毎回毎回、胸が痛くなるような事件の連続で…。私は最後の連続事件が怖くて哀しくて、暫く読めませんでした。
 私は80年代にゲイ映画をたくさん観ました。以前紹介した映画『アンゲロス』もそうですが、ゲイの恋人たちに待っているのは、どの話も悲劇的な結末が多かったです。まだエイズが正しく認識される前で受難の時期だったと思います。
 『ニューヨーク・ニューヨーク』にもそうしたゲイの現実が、これでもかっ!というくらい描かれています。普通の穏やかな生活を望むふたりに対し、人生は過酷な現実を突きつけます。その荒波の中を、ふたりは常に自分らしく(その為に傷つけ合いもするけれど)、懸命に生きて行こうとします。とても胸が打たれました。
 2巻めにふたりのその後の生活も描かれていて、とても嬉しかったです。是非ご一読を!
(この漫画、腸閉塞の退院祝いに頂いたんですよ〜。Mねえさんっ! 本当にありがとう!!)

 :*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

花盛りの庭 (YOUNG YOUコミックス)

坂井 久仁江 / 集英社

スコア:



 私が持っているのはホーム社漫画文庫の『約束の家』を含めて1・2巻にまとめられたものです。
 これは厳密にはBLと言えないのですが、上記『ニューヨーク・ニューヨーク』と合わせて、人生の悲喜劇が詰まった傑作ですので、是非、お勧めします。
 ひとつの家族の三代に亘る物語ですが、親子である前に、ひとりの人間としての煩悩と、懊悩が描かれています。人間はこんなにも罪深く、そして愛しく哀しい生き物なのかと思いました。
 もう、ドロッドロッなんですけど壷でした。父と娘の物語『約束の家』がとても良いです。胸がちょっと苦しくなりました。家族って何なんだろうな〜と考えさせられます。是非どうぞ。

  :*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

嵐のあと (花音コミックス)

日高 ショーコ / 芳文社

スコア:



a0095010_2317522.jpg 最近の一押し、日高ショーコ先生のお話です。
 この方の作品は、くそ意地悪いゲイがた〜くさん登場するんですが、その典型みたいな主人公の恋物語です。作中の女性が「歪んでるね」って台詞を言う(主人公にではなく、もう一人出てくる捻くれ者に言う)のですが、ホント、み〜んな素直じゃないし歪んでるし可愛くない。それが恋をすると、こんなに狼狽して、こんなに可愛くなっちゃうのか〜と笑えます。
 男の人って、女の私から見るとすごく謎に感じる部分が多いのですが、その謎の部分をよく描けているように思います。
 一応18禁ですが、そんなにHはないので、初心者の方にもお勧めです。
 是非どうぞ!

  :*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)

水城 せとな / 小学館

スコア:



a0095010_237934.jpg 以前ご紹介した『窮鼠はチーズの夢を見る』の続編(完結編)です。二人のその後ですが、ファンとしては堪らんものがありました…。いろいろ考えさせられました。
 よく「ゲイの男は女の出現には勝てない」という台詞は出てきますけど、実際に女とガチバトルしているものは少ないですよね。今回も今ヶ瀬、女相手に頑張ってますけど…(笑)。
 この気持ちは、ゲイでなくても分かるような気がします。でも、そこまで求めるのは…どうなんでしょうね。難しいと思うけどなぁ(何だか『草の花』の答えが貰えた気がしました)。
 タイトルがすごいです。突いてますよ〜素晴らしい! とにかく読んで、痺れてほしいです。
 こちらは完全18禁(期待通りで〜す♪)なので、ご注意ください。
 

 なかなか時間が取れなくて、今回は駆け足状態で済みません。
(書き直し…するかも)
 次回は、秋の読書週間あたりで…と思っています。
 9月は夏の疲れが出ますので、皆さまもお体ご自愛くださいませね。
[PR]
by apodeco | 2009-08-30 22:52 | BL感想文 | Comments(10)