うす桃色の雲の上(頭の中もね…)

 4月、会社も学校も始まりましたね。私には遙か昔のお話なので、思い出すのも大変なのですが(笑)
 駅までの道の途中で、高校の入学式に出る前なのでしょう、娘さんとご両親揃って自宅前の花の下で記念写真を撮ってるのを見ました。ブレザーにチェックのリボンとスカートがとても似合っていて可愛らしかったです。(里中満智子先生の「明日輝く」を思い出しました。あれはセーラー服だけどね)

 さて、近況報告をしますと、HPの小説書きを優先させているので、相変わらずイラスト描けず状態です。「ここまでやってしまおう」という予定の小説が何本かあって、それが終わるまでは手がつけられないと思います。BL感想文などは、合間を見ながら出したいと思っていますが。
 そこで今回はお茶を濁すようで恐縮ですが、前回に引き続き日常の『萌え』です。
 一つ目は、やっぱり4月ですもの、何と言っても『桜』です。今年は寒かったので、長く桜が楽しめて嬉しいです。ちょっと綺麗だったので、携帯でパチリと撮ってみました。

a0095010_20235364.jpg

↑会社の屋上から神田川沿いの桜並木を写したものです。
ふわふわの、うす桃色の雲の上にいるみたいです。
ず〜と遙か向こうまで続いています。



a0095010_20294327.jpg

↑咲き始めの桜。
朝の光を浴びて輝いて見えました。

 二つ目は前回書いたカップル?(なのか分かりませんが)と接近遭遇〜報告
 自分でもこんな事をこんな所に書いて、二人にはごめんなさい
m(_ _;)mなんですけど、すっごい『萌え』ちゃったので…。
 このお二人と同じ電車に乗り合わせる事が多くなりました。比較的空いているとはいえ、混んでいることは混んでいます。何故この二人が乗っているのが分かるかと言うと、英語でずっとお喋りしているから。
 他にもご夫婦とかカップルで乗っている人はいますけど、こ〜んなに喋りっぱなしなのは、そんなにいません。おまけに、あの日本人の彼はとても声が良いので。さすがにもうあんな立ち位置になる事はないですが、本当に仲が良さそうです。
 まあ、いつもはこれくらいなんですよ。近くも遠くもない位置にいるだけなんですが、今日は目の前で見ちゃった…。
 言っときますが、偶然ですよ! つけた訳じゃないですよ!! 終着駅なので左右の扉が開いて、私と彼らとは反対の扉から降ります。ところが、改札口を出たら目の前にいたんですよ〜〜。面倒くさいので、以下、日本人の彼を『太郎くん』、外人の彼を『マイケルくん』と呼びます。
 今日は暖かいので二人ともコートは着ていません。マイケルくんはスーツ姿、太郎くんはラフな服装でした。間近で見たら二人とも細くて背が高い。似たような体型ですが、太郎くんの方がちょっと背が高い。
 驚いたのはマイケルくんの首が細くて…すっごく可愛かったこと。前見たときより近いので吃驚しましたが、お肌つるつるで真っ白(←ある意味当たり前)で、すごく若いんじゃないかと思います。
 二人とも肩が触れ合うような距離(実際、何度も触れ合ってたけど)で並びながらず〜と喋っている。どこまで行くのかな〜と思っていたら、乗り換え電車が違うのでしょう、途中で別々の方面へ別れたのですが…。
 ずっとね、ず〜〜と、手を振り合ってたの〜〜〜!! ゼェー、ゼェー…

 失礼しました…。だって、まるっきり中学生か高校生のカップルか、或いは新婚ほやほやみたいな雰囲気なんだもの。たぶん、毎朝一緒に通勤しているにもかかわらず、ですよ?
 もう、この後の私の頭の中は妄想の嵐が吹き荒れましたよ。何を考えていたかは…とても文章に出来ません(恥)。
 前回、同棲中の…なんて無責任に書いちゃいましたけど、本当のところはルームシェアをしている友だち同士なんでしょうね。それにしても仲良いよ〜、良すぎるよ〜、オバちゃんの妄想止まらないよ〜、そんな朝の出来事でした。
 ああ、春爛漫ですな……。
[PR]
by apodeco | 2009-04-08 22:45 | 散文