夏の終わりのお勧め漫画特集〜♪

 夏休みも終わりですね。狐の嫁入りの雨が、ぱらぱら、ぱらぱらと落ちてくる中、投票へ行ってきました。さあ、新しい風は吹くのでしょうか。
 まあ、どんな風が吹いても私は私で行きましょう。
 今回はBLひと言感想文〜漫画特集です。ここ半年くらいに読んだものを中心にご紹介しますので、新刊本ではありませんが選りすぐりの作品ばかりです。

 まず最初は、以前から紹介するすると、歌にうたっていた漫画です。

ニューヨーク・ニューヨーク (1) (白泉社文庫)

羅川 真里茂 / 白泉社

スコア:



 最近の本ではありません。BL歴の浅い私が知らなかっただけです。BLの括りを外しても本当に素晴らしい内容なので、是非読んでもらいたいと思います。
 素晴らしいと言っても、ニューヨークという危険な街が舞台で、しかも主人公の職業が警官ですから、毎回毎回、胸が痛くなるような事件の連続で…。私は最後の連続事件が怖くて哀しくて、暫く読めませんでした。
 私は80年代にゲイ映画をたくさん観ました。以前紹介した映画『アンゲロス』もそうですが、ゲイの恋人たちに待っているのは、どの話も悲劇的な結末が多かったです。まだエイズが正しく認識される前で受難の時期だったと思います。
 『ニューヨーク・ニューヨーク』にもそうしたゲイの現実が、これでもかっ!というくらい描かれています。普通の穏やかな生活を望むふたりに対し、人生は過酷な現実を突きつけます。その荒波の中を、ふたりは常に自分らしく(その為に傷つけ合いもするけれど)、懸命に生きて行こうとします。とても胸が打たれました。
 2巻めにふたりのその後の生活も描かれていて、とても嬉しかったです。是非ご一読を!
(この漫画、腸閉塞の退院祝いに頂いたんですよ〜。Mねえさんっ! 本当にありがとう!!)

 :*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

花盛りの庭 (YOUNG YOUコミックス)

坂井 久仁江 / 集英社

スコア:



 私が持っているのはホーム社漫画文庫の『約束の家』を含めて1・2巻にまとめられたものです。
 これは厳密にはBLと言えないのですが、上記『ニューヨーク・ニューヨーク』と合わせて、人生の悲喜劇が詰まった傑作ですので、是非、お勧めします。
 ひとつの家族の三代に亘る物語ですが、親子である前に、ひとりの人間としての煩悩と、懊悩が描かれています。人間はこんなにも罪深く、そして愛しく哀しい生き物なのかと思いました。
 もう、ドロッドロッなんですけど壷でした。父と娘の物語『約束の家』がとても良いです。胸がちょっと苦しくなりました。家族って何なんだろうな〜と考えさせられます。是非どうぞ。

  :*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

嵐のあと (花音コミックス)

日高 ショーコ / 芳文社

スコア:



a0095010_2317522.jpg 最近の一押し、日高ショーコ先生のお話です。
 この方の作品は、くそ意地悪いゲイがた〜くさん登場するんですが、その典型みたいな主人公の恋物語です。作中の女性が「歪んでるね」って台詞を言う(主人公にではなく、もう一人出てくる捻くれ者に言う)のですが、ホント、み〜んな素直じゃないし歪んでるし可愛くない。それが恋をすると、こんなに狼狽して、こんなに可愛くなっちゃうのか〜と笑えます。
 男の人って、女の私から見るとすごく謎に感じる部分が多いのですが、その謎の部分をよく描けているように思います。
 一応18禁ですが、そんなにHはないので、初心者の方にもお勧めです。
 是非どうぞ!

  :*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)

水城 せとな / 小学館

スコア:



a0095010_237934.jpg 以前ご紹介した『窮鼠はチーズの夢を見る』の続編(完結編)です。二人のその後ですが、ファンとしては堪らんものがありました…。いろいろ考えさせられました。
 よく「ゲイの男は女の出現には勝てない」という台詞は出てきますけど、実際に女とガチバトルしているものは少ないですよね。今回も今ヶ瀬、女相手に頑張ってますけど…(笑)。
 この気持ちは、ゲイでなくても分かるような気がします。でも、そこまで求めるのは…どうなんでしょうね。難しいと思うけどなぁ(何だか『草の花』の答えが貰えた気がしました)。
 タイトルがすごいです。突いてますよ〜素晴らしい! とにかく読んで、痺れてほしいです。
 こちらは完全18禁(期待通りで〜す♪)なので、ご注意ください。
 

 なかなか時間が取れなくて、今回は駆け足状態で済みません。
(書き直し…するかも)
 次回は、秋の読書週間あたりで…と思っています。
 9月は夏の疲れが出ますので、皆さまもお体ご自愛くださいませね。
[PR]
by apodeco | 2009-08-30 22:52 | BL感想文